最終回に中村剛也、山川穂高、呉念庭が本塁打! 土壇場の猛攻で埼玉西武が逆転勝利

2021.6.5(土) 17:10 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・山川穂高選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・山川穂高選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月5日、神宮球場で行われた東京ヤクルトと埼玉西武の「日本生命セ・パ交流戦 2021」第2回戦は、6対3で埼玉西武が勝利。1点ビハインドで迎えた最終回に3本塁打が生まれ、逆転勝利を飾った。

 埼玉西武は初回、1番・岸潤一郎選手と3番・中村剛也選手の安打などで1死1、3塁の好機を得ると、4番・栗山巧選手が「前の打者の人たちがつないでくれたチャンスだったので、ランナーをかえすことができて良かったです!」と振り返るセンターへの犠飛を放ち、1点を先制する。

 先発の今井達也投手は援護を受けた直後の1回裏、連打と四球で無死満塁のピンチを招くと、4番・村上宗隆選手の2点適時打により逆転を許す。以降は立ち直ったものの、6回裏、先頭の村上選手に17号ソロをバックスクリーンに運ばれ、点差を2点に広げられる。7回裏は1死1、2塁のピンチを無失点で切り抜け、7回9安打1本塁打3四球7奪三振3失点で降板した。

 2点を追う埼玉西武は7回表、5番・山川穂高選手に7号ソロが飛び出し、再び1点差に詰め寄る。しかし8回表は3者凡退に倒れ、2対3のまま最終回の攻撃へ。

 1点ビハインドで迎えた9回表、先頭の中村選手が初球を捉え、同点となる5号ソロを左翼席へたたき込む。続く栗山選手が安打で出塁すると、山川選手の2打席連続となる8号2ランで勝ち越し。さらに6番・呉念庭選手にも5号ソロが生まれ、一挙4得点を奪った。3点リードとなった9回裏は平良海馬投手が無失点に抑え、6対3で試合終了。

 先発の今井投手は7回3失点の力投を披露。「ピンチの場面でしっかり抑えることができたのは良かったです。投球全体は振り返ると、やはり立ち上がりですね…。ヒット、ヒットで始まってしまい、もっと早く修正をしなくてはならなかったです。もっとその時の状況にあう投球フォームで投げることができるようにやっていきたいです」と振り返った。一方の打線は1点ビハインドの9回表に3つの本塁打が飛び出し、鮮やかな逆転勝利を収めた。

  123456789 計
西 100000104 6
ヤ 200001000 3

西 今井達也-○宮川哲-S平良海馬
ヤ 小川泰弘-清水昇-●マクガフ-梅野雄吾

文・高橋優奈

関連リンク

6/5 ジャイアンツ対ファイターズ結果
6/5 ベイスターズ対マリーンズ結果
6/5 ドラゴンズ対バファローズ結果
6/5 タイガース対ホークス結果
6/5 カープ対イーグルス結果
【ファーム】6/5 マリーンズ対イーグルス結果
【ファーム】6/5 ファイターズ対スワローズ結果
【ファーム】6/5 バファローズ対ホークス結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM