明石健志が地元・北海道で同点打を含む2安打2打点の活躍! 試合は2対2の引き分けに終わる

2021.5.16(日) 18:53 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・明石健志選手
福岡ソフトバンクホークス・明石健志選手

 5月16日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと福岡ソフトバンクの第9回戦は、2対2の同点に終わった。

 福岡ソフトバンクの先発は二保旭投手。初回から毎回安打を許すも要所を締め、北海道日本ハム打線を4回まで無得点に抑える。しかし5回裏、1死から渡邉諒選手に死球を与えると続く近藤健介選手にフェンス直撃の適時二塁打を打たれ、先制を許す。さらに2死1、2塁から石井一成選手にも適時打を許し、2点目を失う。二保投手は5回6安打2奪三振4四死球2失点の投球内容でマウンドを降りた。

 6回裏は田浦文丸投手が走者を許しながらも無失点に抑えると、ここまで1安打に抑えられてきた打線が7回表についに反撃。柳田悠岐選手の二塁打と栗原陵矢選手の四球などで2死2、3塁のチャンスをつくると、明石健志選手が同点の2点適時打を放ち試合を振り出しに戻す。明石選手は「何とかみんながつないでつくったチャンスで、同点となる一本を打つことが出来て良かったです」と振り返った。
 
 同点に追いついた福岡ソフトバンクは、7回裏に嘉弥真新也投手をマウンドに送る。先頭の近藤選手に死球を与え、4番・王柏融選手を中飛に討ち取ったところで津森宥紀投手にスイッチ。四球で2死1、2塁とするが樋口龍之介選手を空振り三振に抑えてピンチを脱した。

 8回裏は泉圭輔投手が3者凡退と安定感抜群の投球を披露。最後の攻撃となる9回表は、2死から甲斐拓也選手が四球で出塁すると、同点打を放った明石選手が安打でつなぎ満塁の好機を演出。しかし続く今宮健太選手が右飛に倒れ、勝ち越しとはならなかった。

 9回裏マウンドに上ったモイネロ投手は、四球と安打などで2死満塁のピンチを招くが、最後は樋口龍之介選手を空振り三振に抑えて試合終了。カード3戦目は2対2の引き分けとなった。

 福岡ソフトバンクは先発の二保投手が試合を作ると、北海道出身の明石選手が値千金の同点適時打を含む2安打2打点の活躍。一方北海道日本ハムは、先発の上沢直之投手が7回3安打7奪三振3四球2失点の好投も勝ち負け付かず。9回裏のサヨナラのチャンスも生かせず、連敗を止めることは出来なかった。

  123456789 計
ソ 000000200 2
日 000020000 2

ソ 二保旭-田浦文丸-嘉弥真新也-津森宥紀-泉圭輔-モイネロ
日 上沢直之-堀瑞輝-杉浦稔大

文・波多野瞭平

関連リンク

5/16 マリーンズ対ライオンズ結果
5/16 ファイターズ対ホークス結果
5/16 バファローズ対イーグルス結果
【ファーム】5/16 ファイターズ対ライオンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM