上林誠知が3安打2打点1本塁打の大活躍! 7回途中2失点の石川柊太は開幕戦以来の2勝目をマーク

2021.5.14(金) 21:51 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・石川柊太投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・石川柊太投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月14日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと福岡ソフトバンクの第7回戦は、5対2で福岡ソフトバンクが勝利。6カードぶりにカード初戦をものにした。

 福岡ソフトバンク打線は4回表まで伊藤大海投手の前に無得点に抑えられるが、5回表に捉える。先頭の中村晃選手の二塁打と甲斐拓也選手の犠打で1死3塁の好機をつくると、上林誠知選手が初球を捉えて適時打とし、1点を先制。

 続く6回表は1死から牧原大成選手の安打などで1死1、2塁とすると、柳田悠岐選手、長谷川勇也選手の連続適時二塁打で一気に3点を追加。さらに7回表は、先頭の上林選手が「チームの流れもいいので、思い切って打ちにいきました」と、2号ソロを放ち5対0とリードを広げた。

 先発の石川柊太投手は初回から4回まで毎回走者を出す我慢の投球が続いたが、先制点をもらった後の5回裏、6回裏はテンポ良く3者凡退に抑える。しかし、7回裏に大田泰示選手に3号ソロを浴び、さらに2死から四球と五十幡亮汰選手の適時三塁打で2点目を失ったところで降板。2死3塁でマウンドを受けた津森宥紀投手は、杉谷拳士選手を空振り三振に抑えて北海道日本ハムの反撃を振り切った。

 8回裏は岩嵜翔投手が2三振を含む3者凡退に抑え、9回裏はモイネロ投手がマウンドへ。前回登板のロッテ戦ではまさかのセーブ失敗となったが、今日は3人で締める危なげないピッチング。守護神・森唯斗投手不在の中、4セーブ目を挙げて試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは上林選手が3安打2打点1本塁打1盗塁の大活躍。先発・石川投手は7回に2点を失うなど「気持ちと体がうまく一致しない部分はありました」と振り返ったが、6.2回6安打4四死球2失点6奪三振2失点の粘投。開幕戦以来となる2勝目を挙げた。敗れた北海道日本ハムは打線が散発6安打と先発・伊藤大海を援護できず。救援陣もピンチで粘りきれなかった。

  123456789 計
ソ 000013100 5
日 000000200 2

ソ ○石川柊太-津森宥紀-岩嵜翔-Sモイネロ
日 ●伊藤大海-公文克彦-玉井大翔-谷川昌希-河野竜生-西村天裕

文・波多野瞭平

関連リンク

5/14 マリーンズ対ライオンズ結果
5/14 バファローズ対イーグルス結果
【ファーム】5/14 ホークス対ドラゴンズ結果
【ファーム】5/14 ファイターズ対ライオンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM