甲斐拓也が最終回に決勝打! 福岡ソフトバンクが首位の意地を見せ逆転勝利

2021.4.23(金) 21:40 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・甲斐拓也選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・甲斐拓也選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月23日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと福岡ソフトバンクの第4回戦は、3対2で福岡ソフトバンクが逆転勝利を飾った。

 福岡ソフトバンクの先発は石川柊太投手。初回から無死1、2塁のピンチを招くと、中村奨吾選手に適時打、安田尚憲選手に犠飛を浴びて2点を失い、序盤からリードを奪われる。一方の打線は、4回表に柳田悠岐選手が15試合ぶりの4号ソロを放ち1点差に詰め寄るも、8回まで千葉ロッテの投手陣を相手に決定打を欠き、あと1点が遠い。

 2回以降、不安定ながらも粘り強い投球を続けていた石川投手であったが、7回裏にマーティン選手と中村奨吾選手に連続打を浴びたところで降板。なおも満塁のピンチで登板した3番手・津森宥紀投手はレアード選手を中飛に打ち取り無失点に切り抜け、8回裏には高橋純平投手がマウンドに上がり、3者凡退に抑えて流れを引き寄せる。

 すると9回表、福岡ソフトバンクが意地を見せた。千葉ロッテの守護神・益田直也投手に対してデスパイネ選手が安打を放ち、続く中村晃選手が適時二塁打を放ち同点に追い付く。松田宣浩選手が安打でつないでチャンスを広げると、甲斐拓也選手に適時打が生まれ、土壇場で逆転に成功する。3対2で迎えた最終回は、森唯斗投手が走者を出しながらも締めて試合終了。福岡ソフトバンクは引き分けを挟んで4連勝を飾った。

 福岡ソフトバンクは先発・石川投手が6.2回124球6安打7奪三振4四死球2失点と粘り強い投球を披露。救援陣の奮闘もあり、最終回に打線が意地を見せて逆転勝利を収めた。一方、敗戦した千葉ロッテは先発の先発の中村稔弥投手が5回78球3安打4奪三振2四球1失点の好投。リリーフ陣も1点のリードを8回まで守りつないだが、益田投手が踏ん張りきれなかった。

  123456789 計
ソ 000100002 3
ロ 20000000X 2

ソ 石川柊太-嘉弥真新也-津森宥紀-○高橋純平-S森唯斗
ロ 中村稔弥-小野郁-ハーマン-唐川侑己-●益田直也

文・下村琴葉

関連リンク

4/23 ファイターズ対バファローズ結果
4/23 イーグルス対ライオンズ結果
【ファーム】4/23 イーグルス対スワローズ結果
【ファーム】4/23 ファイターズ対ジャイアンツ結果
【ファーム】4/23 ライオンズ対マリーンズ結果
【ファーム】4/23 ホークス対バファローズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM