安田尚憲が2号2ラン含む3安打4打点の大暴れ。岩下大輝も好投した鴎が4連勝

2021.4.7(水) 21:16 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・安田尚憲投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・安田尚憲投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月7日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテとオリックスの第2回戦は、9対2で千葉ロッテが勝利。千葉ロッテは11安打9得点の猛攻で、引き分けを挟んでの連勝を4に伸ばした。

 千葉ロッテは1回裏、1番・荻野貴司選手の二塁打などで1死1、3塁の好機から4番・安田尚憲選手の適時打で1点を先制。同点に追い付かれた直後の3回裏には、荻野貴選手、マーティン選手の連打ですぐさま勝ち越し、6回裏にも代打・岡大海選手の適時打で1点を挙げ、3対1と2点のリードを得た。

 援護を受けた先発の岩下大輝投手は、3回表に太田椋選手の1号ソロで1点を失うも、6回まで1安打6奪三振1失点の快投を披露。7回表に2四球と安打で1死満塁としたところで降板、続くピンチは唐川侑己投手が犠飛と凡打に打ち取り、最少失点で切り抜けた。

 打線は7回裏、マーティン選手の5号ソロ、安田選手の2号2ラン、藤岡裕大選手の1号2ランで5点、8回裏にも安田選手の適時打で追加点を挙げ、スコアは9対2に。8回以降はハーマン投手土居豪人投手がそれぞれ1イニングを3者凡退で締めて試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、岩下投手が6.1回2安打2四球7奪三振2失点で今季初勝利をマーク。打線では安田選手が3安打4打点、マーティン選手が2安打2打点の活躍を見せた。

 一方敗れたオリックスは、先発の増井浩俊投手が5回4安打3四球4奪三振2失点の力投も、リリーフ陣が7失点。打線も太田選手の本塁打と、頓宮裕真選手の安打の計2安打と沈黙した。

  123456789 計
オ 001000100 2
ロ 10100151X 9

オ ●増井浩俊-山田修義-鈴木優-竹安大知
ロ ○岩下大輝-唐川侑己-ハーマン-土居豪人

文・東海林諒平

関連リンク

【ファーム】4/7 ライオンズ対ファイターズ結果
【ファーム】4/7 バファローズ対ホークス結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM