辰己涼介が一時勝ち越し弾も、先発・早川隆久は5回途中5失点で楽天が敗戦

2021.3.21(日) 17:25 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・辰己涼介選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・辰己涼介選手(C)パーソル パ・リーグTV

 3月21日、東京ドームで行われた巨人と楽天イーグルスのオープン戦は、4対8で楽天イーグルスが敗戦。楽天はオープン戦を6勝6敗で終えた。

 打線は初回、四死球から好機を得ると、島内宏明選手の適時打で先制する。さらに茂木栄五郎選手の内野安打で1死満塁とすると、鈴木大地選手の押し出し四球、横尾俊建選手の犠飛で2点を追加。巨人の先発・今村信貴投手から3点を先行した。

 援護を受けたドラフト1位ルーキー・早川隆久投手だったが、1回裏に岡本和真の適時打などで3点を失い、同点に追い付かれる。直後の2回表に辰己涼介選手の1号ソロで勝ち越してもらうも、4回裏に中島宏之選手、5回裏に坂本勇人選手のソロ本塁打を浴びて2点を失い、逆転を許して5回途中7安打5失点で降板した。

 7回裏にはドラフト4位ルーキー・内間拓馬投手が若林晃弘選手に2号ソロなどで2点、8回裏にも菅原秀投手が1点を失い、4対8と4点差に広げられる。投手陣を助けたい打線だったが、4回以降は無安打とチャンスを作れず。最終9回裏も3者凡退に終わり、4対8で試合終了。

 楽天は先発の早川投手が5回途中7安打5失点と最終登板に課題を残す内容となった。打線は初回に3点を挙げ、オープン戦好調だった辰己選手に一時勝ち越しの本塁打も生まれたが、6回以降は1人の走者も出せなかった。

  123456789 計
楽 310000000 4
巨 30011021X 8

楽 ●早川隆久-酒居知史-渡邊佑樹-内間拓馬-菅原秀
巨 ○今村信貴-鍵谷陽平-高木京介-大竹寛-中川皓太

文・丹羽海凪

関連リンク

3/21 ライオンズ対スワローズ結果
3/21 ドラゴンズ対ファイターズ結果
3/21 タイガース対バファローズ結果
3/21 カープ対ホークス結果
【ファーム】3/21 ホークス対タイガース結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM