【試合戦評】6回途中1失点。「チェンチェン大丈夫」な投球で千葉ロッテ・チェン投手が今季初勝利。

2016.9.1(木) 00:00 パ・リーグ インサイト

8月の後半に3勝10敗と大きく失速したものの、負の連鎖を断つためにも9月初戦を取りたい千葉ロッテと、6カードぶりのカード勝ち越しを狙うオリックスの3連戦最終戦。千葉ロッテはチェン投手、オリックスは山田投手、首脳陣へのアピールにつなげたい大事な登板を迎える両左腕が、先発マウンドに立った。

千葉ロッテのチェン投手は、持ち味の打者の内角を強気に突いていく投球が冴え渡り、1回、2回といずれも3者凡退。3回には2死から安打を許すも、1番・糸井選手から空振り三振を奪い、上々の内容で試合序盤を終える。

一方のオリックス・山田投手は苦しい展開に。初回いきなり先頭の荻野貴選手に二塁打を許すと、その後内野ゴロの間に1点を先制される。さらに2回には連打で2点を失い、3回には井口選手に日本通算1000打点達成となる5号3ランを浴び、3回までに6点を失ってこの回限りでブルペン陣にバトンタッチとなる。

チェン投手は4回、やや制球を乱し1死1,3塁とされると、5番・伊藤選手に甘く入った球をレフト前に運ばれて1点を返されるが、その後を凌いで最少失点。踏ん張りを見せると、続く5回は下位打線から始まる攻撃をしっかり3人で締め、勝利投手の権利を得る。

6回、先頭に四球を与えながらも2死まで奪ったところで、チェン投手は降板。QVCマリンのスタンドから拍手が送られながら、マウンドを後にする。その後は田中靖投手、前夜にプロ初白星をつかんだ高野投手が無失点でつなぐ。

迎えた8回、オリックスは藤岡投手からルーキー・吉田正選手がライトへ運ぶ強烈な5号2ランを放ち詰め寄る。しかし2点差で迎えた最終回は、千葉ロッテ・益田投手がリードを保ったまま締め、試合終了。チェン投手は待望の今季初勝利をつかんだ。

昨年9月は5試合で3勝負けなし、月間防御率1.04と活躍してクライマックスシリーズでも先発登板を果たし、今季のさらなる活躍に期待が高まっていたチェン投手。なかなか思うような結果をここまで出せていなかったが、今回の登板でようやく今季初勝利を挙げることができた。人懐っこい笑顔の裏には、幾度もの育成契約、トミー・ジョン手術など、苦しい時が刻まれている。少しでも良い形でチームがクライマックスシリーズへ進むためには、ようやく今季チームの先発左腕初勝利をつかんだ、苦しさを知る男の活躍も鍵を握りそうだ。

関連チーム記事/TEAM