埼玉西武十亀、中継ぎで1死も奪えず大誤算5失点も…12日の北海道日本ハム戦に先発へ

Full-Count

2019.5.6(月) 18:21

東北楽天戦に3番手で登板した埼玉西武・十亀剣※写真提供:Full-Count(画像:(C)PLM)
東北楽天戦に3番手で登板した埼玉西武・十亀剣※写真提供:Full-Count(画像:(C)PLM)

北海道日本ハム戦に3番手で登板も炎上、小野コーチは「中継ぎは適性がないのかな」

■東北楽天 8-4 埼玉西武(6日・メットライフ)

 埼玉西武・十亀剣投手が12日の北海道日本ハム戦(札幌D)に先発することが6日、分かった。十亀はこの日の東北楽天戦(メットライフ)に3番手で登板し、1死も奪うことができず5失点と精彩を欠いたが、予定通り12日に先発する。

 予定されていたローテーション投手の相次ぐ離脱を受け、小野投手コーチは十亀を中継ぎ、先発どちらも対応できる“便利屋”枠として期待していたが、「中継ぎはあまり適性がないのかな。どっちでもできると思っているんだけど」と首をかしげた。

 十亀は「いつも通り準備をしてマウンドに上がったけど、球が高くなってしまった。(登板間隔の)中は空いているし、もうちょっと何とかしないといけなかった」と話し、「次はチャンスをつぶさないように投げたい」と意気込んでいた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

記事提供:Full-Count

記事提供:

Full-Count

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE