【ファーム】オリックスが完封リレーで接戦を制す! 先発・増井浩俊は5回無失点

2021.5.22(土) 16:40 パ・リーグ インサイト
オリックス・増井浩俊投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・増井浩俊投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月22日、オセアンバファローズスタジアム舞洲で行われたオリックスと福岡ソフトバンクの第10回戦は3対0でオリックスが勝利した。

 オリックスの先発・増井浩俊は立ち上がりから安定した投球。5回を投げて2安打4奪三振無失点の好投で試合をつくる。すると一方の打線は3回裏、福岡ソフトバンクの先発・レイ投手から佐野如一選手の適時打で先制。さらに4回裏にも来田涼斗選手が適時打を放ちスコアを2対0とする。

 6回表から継投に入ると、2番手・張奕投手は6回と7回それぞれ得点圏に走者を背負うも、粘りの投球で無失点に抑え、8回表は3番手・澤田圭佑投手も無失点でつなぐ。4回以降得点のない打線は8回裏、佐野皓大選手の二塁打などで2死2塁の好機を作ると、廣澤伸哉選手が打ち上げた打球が敵失を誘い、その間に1点を追加する。

 3点リードで迎えた最終9回表は4番手・ヒギンス投手がマウンドに上がると、3者凡退に抑えて試合終了。勝利したオリックスは見事な完封リレーで試合を制した。一方、敗れた福岡ソフトバンクは、移籍後公式戦初登板となった先発・レイ投手が4.1回5安打2失点の内容。また、2番手・高橋礼投手は2回無安打3奪三振無失点の好投を披露し、復調の兆しを見せた。

  123456789 計
ソ 000000000 0
オ 00110001X 3

ソ ●レイ-渡邉雄大-高橋礼-椎野新
オ ○増井浩俊-張奕-澤田圭佑-Sヒギンス 

文・矢澤拓郎

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

5/22 マリーンズ対イーグルス結果
5/22 ホークス対バファローズ結果
【ファーム】5/22 ライオンズ対ベイスターズ結果
【ファーム】5/22 マリーンズ対ファイターズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM