則本昂大、小島和哉がともに6回1失点と好投。犬鷲と鴎の投手戦は引き分けに

2021.4.14(水) 21:55 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・則本昂大投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・則本昂大投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月14日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天と千葉ロッテの第5回戦は、2対2で引き分けに終わった。

 先制したのは千葉ロッテ。初回、1番・荻野貴司選手、2番・マーティン選手の連打などで、1死2、3塁のチャンスを作る。ここで、4番・安田尚憲選手の犠飛で千葉ロッテが幸先よく先制する。

 楽天は直後の1回裏、1番・小深田大翔選手が四球で出塁すると、盗塁と敵失策で3塁まで進み、3番・島内宏明選手の犠飛ですぐさま同点に追い付いた。

 2回以降は両先発による投手戦となった。楽天先発の則本昂大投手は、2回表に2死から連打を浴び、2死1、2塁のピンチを招くが、無失点で切り抜ける。6回表には2死2、3塁と2回表以来のピンチを迎えるも、ここも無失点に抑え、6回1失点でマウンドを降りた。

 一方千葉ロッテの先発は、今季3度目の登板で初勝利を目指す小島和哉投手。初回に1点を失ったが、6回まで2安打に抑える好投を披露。こちらも6回1失点の内容でリリーフにマウンドを託した。

 ロースコアが続く中、勝ち越しのは千葉ロッテ。7回表、9番・藤原恭大選手の右安打などで2死1、2塁から、3番・中村奨吾選手の右前適時打で1点を勝ち越す。以降は7回裏をハーマン投手、8回裏を唐川侑己投手が、走者を1人も許さない完璧な投球でつないだ。

 このまま試合が終わるかと思われたが、最終回に楽天が意地を見せる。先頭、浅村栄斗選手が中二塁打で出塁すると、続く辰己涼介選手も右安打で続くと、鈴木大地選手の犠飛で同点に。なおも2死2塁と好機は続いたが、後続が倒れて試合終了。

 楽天は先発の則本投手が6回6安打1四球9奪三振1失点の好投。打線は初回以降、得点を挙げられていなかったが、最終回に追い付く粘りを見せた。一方の千葉ロッテも先発の小島和哉投手が6回2安打4四死球6奪三振1失点の好投。打線が7回表に勝ち越し点を挙げるも、9回裏に守護神の益田直也投手がリードを守り切れなかった。

  123456789 計
ロ 100000100 2
楽 100000001 2

ロ 小島和哉-ハーマン-唐川侑己-益田直也
楽 則本昂大-宋家豪-渡邊佑樹-酒居知史-安樂智大

文・成田理亮

関連リンク

4/14 ライオンズ対ファイターズ結果
4/14 ホークス対バファローズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM