【ファーム】太田椋&大下誠一郎の活躍でオリックスの勝利。増井浩俊は6回1失点

2020.9.10(木) 16:25 パ・リーグ インサイト
【ファーム】バファローズ・大下 フェンス直撃の特大勝ち越しタイムリー!! 2020/9/10 B-T(ファーム)(C)パーソル パ・リーグTV
【ファーム】バファローズ・大下 フェンス直撃の特大勝ち越しタイムリー!! 2020/9/10 B-T(ファーム)(C)パーソル パ・リーグTV

 9月10日、オセアンバファローズスタジアム舞洲で行われたウエスタン・リーグ公式戦、オリックス対阪神第17回戦は3対2でオリックスが辛勝した。

 オリックス先発・増井浩俊投手は初回を3者凡退の立ち上がり。2回表、北條史也選手の先制タイムリーで失点するも3回と4回は走者を許さず。6回表、2死2塁のピンチを招き、4番・井上広大選手にヒットを打たれたが、レフトを守る佐藤優悟選手の好返球で追加点を防ぎ、6回を被安打5、奪三振4、1四球の1失点と好投した。

 一方の打線は阪神先発・岩田稔投手の前に5回までノーヒット。ところが6回裏、西浦颯大選手が2番手・小林慶祐投手からチーム初安打を打って二盗も決めると、太田椋選手がセンター前へタイムリーヒットを放つ。オリックスに23イニングぶりの得点が入り、1対1の同点に追いついた。

 さらに7回裏、1死から西村凌選手が右中間への三塁打で出塁すると、続く大下誠一郎選手はレフトの頭を超えるタイムリー二塁打で勝ち越し、その後も内野ゴロにより1点を追加。2点リードの9回表は金田和之投手が原口文仁選手に一発を浴びるも、後続はきっちり打ち取った。勝利したオリックスは太田椋選手が2安打1打点と活躍した。

  123456789 計
神 010000001 2
オ 00000120X 3

神 岩田稔-小林慶祐-●桑原謙太朗-エドワーズ
オ 増井浩俊-○比嘉幹貴-海田智行-S金田和之 

文・菊地綾子

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連チーム記事/TEAM