ロッテ・中村奨吾 替えが利かないからこそ「自分がもう少し状態を上げていれば」/チームリーダーの2022年

週刊ベースボールONLINE

  • ニュース

2022.11.5(土) 11:01


ロッテ・中村奨吾

 ソフトバンクとのシーズン最終戦後セレモニー、10月22日に井口資仁監督から今季限りでの電撃退任が発表された瞬間、中村奨吾は驚きの表情を浮かべた。

「本当に(井口監督が)辞めるってこともセレモニーまで知らなかったので、びっくりしている。本当に感謝しかない」

 ベンチ裏に下がり、チームリーダーは少し冷静になって頭の中を整理した、井口監督からキャプテンを指名され、向けた2年目。「悔しいシーズンだったし、うまくいかないこともあった。自分がもう少し状態を上げていれば、チームの順位もまた少し違ったのかなという時期もあった。現役のときからお世話になっているし、井口監督になってレギュラーにしてもらった。優勝して胴上げをしたかった」と悔やんだ。

 全試合出場は4年連続でストップ。138試合に出場し、打率.257、12本塁打、68打点、15盗塁。数字を並べてみれば、打点は自己最多をマークし、出塁率.354と悪くない。7月20日の西武戦(ZOZOマリン)では1点ビハインドの5回に左翼へ逆転二塁打を放った。

 最大で借金9も、この勝利でチームは貯金1。中村奨は実に3試合連続決勝打となり、3日連続でお立ち台に上がった。

 ただ、すべてが終わってシーズンを振り返ってみれば、攻守の要が開幕直後に不在となったことは痛かった。中村奨自身も、開幕直後のコロナ離脱からはすぐに復帰したものの、コンディションを戻すのに手間取ってしまった。

 今季は国内FA権を取得も残留を表明。吉井理人監督の新体制となっても、替えの利かない選手であることは間違いない。

写真=BBM

記事提供:

週刊ベースボールONLINE