オリックス・福田周平 希望をつないだ“奇策”「ノースリーになってから」/後半戦ベストゲーム

週刊ベースボールONLINE

  • ニュース

2022.10.18(火) 11:01


サヨナラセーフティースクイズを決めたオリックス・福田周平

 負ければV逸の9月30日のロッテ戦(京セラドーム)。極限のひらめきが生きた。福田周平が、ここ一番で“奇策”を決めた。

「まさかバントしてくるとは思ってなかったと思う。そのカウント、そのシチュエーション。(考えたのは)カウントがノースリーになってからです」

 3万1442人が集まった京セラドームが一瞬止まった。同点に追いつかれた直後の9回裏二死三塁。3球ボールを見逃した4球目、作戦を決行し、一塁方向にバントを転がした。福田はロッテの山口航輝のタッチをかわし、三塁走者の紅林弘太郎がホームに突っ込んだ。

 土壇場のサヨナラセフティーバントで歓喜のウオーターシャワーにぬれた。背番号1が一塁ベースに飛び込むと、ナインが駆けつけた。「水じゃなくて……。いっぱいアクエリアスがかかって。悪いやつがいるなぁ。ベトベトです」と爽やかに髪をかきあげた。

 この日、首位だったソフトバンクがオリックスより先に勝ち、優勝マジックを1としていた。そのため引き分けてもリーグ連覇がついえた一戦。9回に守護神・平野佳寿が1点差を追いつかれても「野球は切り替えのスポーツ。切り替えてチーム全員で」と福田は深くうなずいていた。

“奇策”で白星を勝ち取り、運命の最終決戦だった10月2日の楽天戦(楽天生命パーク)で奇跡の逆転連覇をかっさらった。9月上旬に指揮官と話し合い、二軍再調整を施した福田が、電光石火の秘策でチームを救い、逆転連覇の夢をつないだ。

 結果で応えた背番号1が、キラリと輝いてみせた。

写真=BBM

記事提供:

週刊ベースボールONLINE