ロッテ・安田尚憲 のちの量産を呼ぶ大きなアーチ「いいスイングができている」/後半戦ベストゲーム

週刊ベースボールONLINE

  • ニュース

2022.10.15(土) 11:01


ロッテ・安田尚憲

 未来の光を感じる試合となった。9月18日の日本ハム戦(札幌ドーム)で、安田尚憲が右翼席へ大きなアーチを描いた。

 3対3の8回裏に1点を勝ち越されたが、直後の9回表に再逆転。一死三塁から藤原恭大の中前適時打で同点に追いつくと、続く高部瑛斗は空振り三振に倒れたが、中村奨吾が左前打でつないで二死一、三塁から四番で起用された5年目が、高いフェンスを軽々と越える決勝3ランを放った。

 打球は中段近くまで飛んでいった。その放物線は、紛れもなくホームランバッターにしか描けない軌道だった。試合後の安田の顔からも充実感が伺えた。

「今はいい打球、いいスイングができている。最近は右翼方向へも本塁打が出ているので、いい感じだと思います」

 納得の今季8号だった。

 プロ3年目の一昨年は、打率.221ながらも、井口資仁監督が我慢強く四番で起用し続けた。ところが、飛躍が期待された昨季は打撃フォームに悩み、打率.242と停滞した。今季は打率.263と少しずつ数字を上げた。直近3年間の本塁打数も6本、8本、9本とわずかな上昇に終わっている。

 それでも、8月19日の楽天戦(楽天生命パーク)で今季3号をマークしてから約1カ月ちょっとで7本塁打を量産したのだから、来季以降に大きくつながるだろう。

 今季限りで辞任する井口監督は「来期以降チームを引っ張ってくれる存在になってくれると思う」と期待した。こんなアーチを来季は何本も打ちたい。安田にとって、それが恩返しとなる。

写真=BBM

記事提供:

週刊ベースボールONLINE