オリックス・共同記者会見(一部抜粋)&祝勝会 覇者たちの喜びの声

週刊ベースボールONLINE

  • ニュース

2022.10.7(金) 11:00

ユニフォームを脱ぎ、優勝記念Tシャツに身を包んだチームは、あらためて喜びをかみ締めた。最高の形で終わりを迎えた143試合。みんなで祝う時間は、やはり何物にも代えがたい。


[左]中嶋聡監督「もう1回、シリーズまで行って、もう1回、オーナーを胴上げしましょう」
[右]吉田正尚選手会長「全員で勝ーつ!」

中嶋聡[監督]

「苦しい一年だったと思います。新型コロナとの戦いと言いますか、活躍したメンバーが抜けていくというのが非常に苦しかったです。それを補うように、次々と若い子らが出てきてくれたのが大きかったです」

能見篤史[投手兼任コーチ]

「前半は苦しみながらも、後半は選手が力を発揮してくれた。へばることなくというか、そういうのをすごく感じられた」

吉田正尚[外野手]

「優勝か2位かは全然違う。最後みんなと喜びを分かち合えたというのは、一生心に残る思い出だと思います」

山本由伸[投手]

「前半は負ける試合も、悪い内容の試合もあった。とにかく必死に1年間投げられて、最終的に優勝して、本当にうれしい」

宮城大弥[投手]

「(CS、日本シリーズに向けて)大事なところでやらかしている僕なので、しっかり次はリベンジできるように」

記事提供:

週刊ベースボールONLINE