楽天・オコエ瑠偉 持ち味を生かして居場所獲得へ/足で魅せる!

週刊ベースボールONLINE

  • ニュース

2022.9.26(月) 11:01


期待に応えることができるか

 オコエ瑠偉はすさまじい速さで、回り込むように滑り込んだ。8月20日のロッテ戦(楽天生命パーク)。4対2で迎えた6回二死。渡邊佳が中前打を放つと、オコエが迷わず本塁に突入した。やや前進守備を敷いていた相手中堅手から、矢のような返球。だがスピード落とさず、体をひねりながらタッチをかわして生還した。「(走塁は)自分の取りえでもある。ギリギリの場面でもしっかりセーフになれるように走りました」と充実感をにじませた。

 自慢のスピードが生きたのは、この場面だけではない。8月19日に出場選手登録され、同ロッテ戦が今季初出場。6回二死走者なしで左前打を放って出塁すると、続く渡邊佳への初球が暴投になったのを見て二塁を陥れた。今季初安打を記録した直後に、今季初盗塁もマーク。「頑張ってきてよかった。しっかり結果を残そうと思っていました」とオコエ。石井GM兼任監督は「持ち味をしっかり出してくれた」と評価した。

 しかし、安定して結果を残し続けることはできなかった。昇格後、6試合に出場して打率.200と打でのアピールはならず。9月1日には出場選手登録を抹消された。

 2015年にドラフト1位で入団した期待の逸材。入団時と比べて体はかなり大きくなったが、そのスピードは健在だ。ただ昨オフに西川遥輝が加入し、外野手争いはさらに激化した。厳しいプロの世界で生き残っていくためにも、さらなる進化を期待したいところ。今季の悔しさも糧とし、その潜在能力を最大限発揮できる選手へと成長する。

写真=BBM

記事提供:

週刊ベースボールONLINE