正木智也、佐藤隼輔、野口智哉、安田悠馬…パ・リーグ6球団「2022年ドラフト2位入団」の現在地は?

週刊ベースボールONLINE

  • ニュース

2022.9.20(火) 10:01

シーズン最終盤を迎えているが、今季のドラフト2位は今季、どのようなシーズンを送っているのか。開幕から戦力となっているのか、ファームで地道にレベルアップを図っているのか。パ・リーグ6球団の「2022年ドラフト2位入団」の現在地をピックアップした。
※記録は9月19日現在

福岡ソフトバンクホークス



ソフトバンク・正木智也

 優勝争いが激しくなる中、正木智也はルーキーながらスタメンにも名を連ねている。新型コロナ離脱者の代替選手として再昇格を果たしたのは8月20日のことだった。柳田悠岐ら主力を欠く中で、八番・右翼でスタメン出場した24日の楽天戦(楽天生命パーク)。第1打席で早速、左翼への二塁打を放つと、第2打席、4回二死の場面で飛び出したプロ初本塁打が、首脳陣にも、ファンにも好印象を残した。28日の日本ハム戦(札幌ドーム)では2号を含む4打数4安打と、少ないチャンスで光る勝負強さ。特に左投手に強く、ここまで打率.316だ。初めてのプロの世界、初めての優勝争いでも、出場すれば何かやってくれるのでは? と期待させるものがある。最終盤でも成長が頼もしい。

埼玉西武ライオンズ



西武・佐藤隼輔

 即戦力の評価どおりにチーム事情にも対応した。当初は中継ぎで開幕一軍入りの予定だった佐藤隼輔だが、今井達也の負傷離脱に伴い急きょ先発へ配置転換。今井が担うはずだった開幕2カード目の初戦、3月29日の日本ハム戦(札幌ドーム)でプロデビュー。5回無失点の好投で初登板初先発初勝利を挙げた。BIGBOSSこと新庄剛志監督の本拠地初戦。異様なムードの中だったが「あまり緊張はなかった」とさらり。その後も1位の隅田知一郎とともに前半戦の先発ローテーションの一角を担った左腕。後半戦は中継ぎとしても登板と、多様な役回りを見事にこなした。「チームに貢献することを第一に」と常に口にする佐藤は有言実行の1年目を過ごした。

オリックス・バファローズ



オリックス・野口智哉

 積極果敢にスイングする巧打を武器にレギュラー奪取を目指したが、コンスタントに結果を残せず。一、二軍を行ったり来たりの1年目を過ごしている。ただ、本職の遊撃のほか、二塁や外野にも挑戦と、出場機会を得て経験を積んでいる。ファームでは4本塁打と長打力も示し、9月17日にはウエスタン・広島戦(杉本商事BS)で本塁打を放つと、同日に一軍登録されてソフトバンク戦(京セラドーム)に一番・中堅で先発出場。安打を放ってアピールした。まだまだ荒削りな面も否めないが、だからこそ伸びしろも感じさせる。次代の中心選手へ。優勝争いの緊迫した試合を、成長の肥やしとする。

東北楽天ゴールデンイーグルス



楽天・安田悠馬

「打てる捕手」としての期待は大きい。春季キャンプから一軍に帯同し、オープン戦でも持ち味を必死にアピール。球団史上初となる新人捕手の開幕スタメンマスクの座を勝ち取ると、3月29日のオリックス戦(京セラドーム)では田嶋大樹からプロ初本塁打を放った。「手応えは完璧でしたし、うまく弾道が上がってくれました」と笑顔を見せたが、そのあとに悪夢の出来事が……。新型コロナウイルス陽性判定で離脱を余儀なくされたのだ。4月下旬に二軍で実戦復帰も、5月下旬に左人さし指骨折で再び離脱。それでも8月に実戦復帰すると、9月17日に一軍昇格。アクシデント続きのルーキーイヤーとなったが、最後の巻き返しなるか。

千葉ロッテマリーンズ



ロッテ・池田来翔

 キャンプ終盤の練習試合では一番打者として先頭打者弾を放つなど猛アピールも、オープン戦に入って調子を落として開幕一軍入りはならなかった池田来翔。4月上旬に一番初昇格を果たして、二塁や三塁など複数ポジションを守れることも武器に出場機会を得たが、バットで結果を残せず一軍定着には至らなかった。右方向へも鋭い打球を飛ばす巧打が武器の22歳。大卒新人と即戦力の期待には応えられなかったが、ファームで多く打席に立ち、経験を積んで来季以降に向けて牙を研ぐ。

北海道日本ハムファイターズ



日本ハム・有薗直輝

 高校通算70本塁打を放った長打力を武器に新球場の主軸候補として期待される有薗直輝。185センチ97キロの恵まれた体を持つスラッガーは、一軍では4試合で7打数無安打ながら、二軍でじっくりと実戦経験を積んでいる。出だしは最高だった。イースタン開幕戦のロッテ戦(ロッテ浦和)でいきなり初本塁打を放ち、3安打4打点の衝撃デビュー。しかし、その後は「打ちたい」という気持ちばかりが前に出過ぎてしまい、打撃フォームを崩してしまうこともあった。二軍ではここまで54試合に出場し打率.243、3本塁打、16打点。ポテンシャルからすれば、こんな成績で収まる選手ではない。広角に長打を打てる打者を目標に、一軍で豪快な打棒を見せつけたい。

写真=BBM

記事提供:

週刊ベースボールONLINE