ロッテ低迷の一因に…安田尚憲、藤原恭大ら伸び悩む「ドラ1」たち

週刊ベースボールONLINE

  • ニュース

2022.8.19(金) 10:01

 混戦のパリーグから脱落危機を迎えているのがロッテだ。8月に入って4勝8敗と大きく負け越し、借金5に。12試合で36得点と低調な打線が苦しい戦いの一因になっている。ドラ1ルーキー・松川虎生は高卒新人捕手で史上4人目の開幕スタメンマスクをかぶり、4月10日のオリックス戦(ZOZOマリン)では佐々木朗希とのバッテリーで完全試合を達成。その後もスタメンで出場して球宴にも初出場するなど期待以上のパフォーマンスを見せているが、「ドラ1の先輩たち」の働きぶりは物足りない。大きな才能を秘めている安田尚憲、藤原恭大らチームの主軸を担わなければいけない選手だ。勝負の夏場で彼らの活躍に期待したい。
※記録は8月18日現在

ホームランはわずか2本



ロッテ・安田尚憲

・安田尚憲
今季成績 82試合出場、打率.246、2本塁打、18打点、0盗塁 
通算成績 327試合出場、打率.231、17本塁打、134打点、2盗塁

 和製大砲として期待が大きいが、今季のアーチは6月1日のヤクルト戦(神宮)で放った2打席連続アーチのみ。高卒の同期で1位入団したヤクルト・村上宗隆に大きく水を開けられ、昨年まで伸び悩んでいた日本ハム・清宮幸太郎も自己最多の13本塁打をマークしていることを考えると寂しい数字だ。首脳陣の期待は大きい。今季は四番で20試合スタメン出場している。履正社高では通算65本塁打を放ち、逆方向にも長打を打てるのが大きな魅力だったが、プロ入り後は試行錯誤を重ねて豪快なスイングが鳴りを潜めている。「不動の四番」に座ってほしい選手だ。

“守走”は一軍レベルも…



ロッテ・藤原恭大

・藤原恭大
今季成績 35試合出場、打率.171、0本塁打、1打点、6盗塁
通算成績 145試合出場、打率.213、8本塁打、35打点、17盗塁

 将来はトリプルスリーを狙える逸材として、ドラフト1位で3球団が競合。高卒新人で球団史上3人目の開幕スタメンを飾る華々しいデビューを飾ったが、一軍に定着できない。プロ4年目の今季は外野のレギュラー獲りを狙ったが、課題の打撃で結果を残せない。8月3日に一軍昇格したが、3日後に新型コロナウイルスの「特例2022」で登録抹消された。俊足を生かした走塁、外野の守備は一軍レベルだけに打撃面のレベルアップがカギを握る。同期入団の広島・小園海斗は遊撃のレギュラーに定着し、大阪桐蔭高で切磋琢磨した同級生の中日・根尾昂も投手に転向して素質を開花させようとしている。藤原も負けられない。

ファーム調整が続く左腕



ロッテ・鈴木昭汰

・鈴木昭汰
今季成績 3試合登板、0勝2敗、防御率16.20
通算成績 26試合登板、1勝6敗1H、防御率4.33

「外れ1位」でヤクルトとロッテが競合した本格派左腕。新人の昨年は開幕先発ローテーション入りを果たし、シーズン途中から救援に。最速153キロの直球を武器に23試合に登板した。セットアッパーとして期待された今年はオープン戦で6試合登板して無失点と完ぺきな投球を見せていたが、3試合すべての登板で失点して4月16日に登録抹消。ファームで調整を続けているが、8月10日のイースタン・巨人戦(ロッテ浦和)で7回途中10奪三振1失点の快投を見せた。先発、救援と必要とされるところで一軍の戦力になりたい。

背水の陣で見せたい意地



ロッテ・平沢大河

・平沢大河
今季成績 13試合出場、打率.148、0本塁打、3打点、1盗塁
通算成績 249試合出場、打率.195、7本塁打、49打点、10盗塁

 仙台育英で「高校生No.1野手」と注目を集め、ロッテと楽天がドラフト1位で競合。将来のチームを背負う遊撃手と期待されたが、打撃で結果を残せず一軍定着できない。2018年に出場機会を増やすため外野に挑戦して自己最多の112試合出場で打率.213、5本塁打をマークしたが、度重なる故障の影響もあり20年から2年連続一軍出場なし。7年目の今年はオープン戦で打率.333をマークして開幕スタメンを勝ち取ったが、5月以降はファーム暮らしが続いている。今月5日に新型コロナウイルス陽性判定を受けて戦列を離れた。背水の陣で意地を見せられるか。

写真=BBM

記事提供:

週刊ベースボールONLINE