ベルーナドームで天体観測! 星座になった選手たちも登場!?「ドームプラネタリウム」を開催

週刊ベースボールONLINE

  • ニュース

2022.8.3(水) 10:31


2019年開催時の様子[球団提供]

 西武では、現在開催中の夏の大型シリーズ企画「ライオンズフェスティバルズ2022」を盛り上げるイベントとして、8月6日(土)、7日(日)のロッテ戦と20日(土)、21日(日)のオリックス戦の試合後に、本拠地ベルーナドームの天井に星空を映し出し、グラウンドや観客席から見ることができる「ドームプラネタリウム」を開催する。

「ドームプラネタリウム」は、リーグ優勝した2019年にも開催され、多くのファンから好評を博したイベントで、3年ぶりの開催となる。今回は星座が映し出されるだけでなく、オリオン座と中村剛也、ペガスス座と愛斗など、各星座の形などの特徴とそっくりな約10名の選手が映し出される。さらに、プラネタリウム・クリエーターの大平貴之氏による解説が行われるなか、プラネタリウム投影機「GIGANIUM」によって、前回開催時には表現できなかったオーロラや流れ星といった美しい情景も再現される。

 イベントは約20分間で、当日の観戦チケットを持つ人であれば無料で参加できる。自分の席からはもちろん、試合後のグラウンドに降りて座ったり、本物のプラネタリウムさながらに仰向けに寝そべったりしながら鑑賞することも可能だ。

 8月6日(土)、7日(日)と20日(土)、21日(日)ではそれぞれ異なる演出が行われ、違った星空を楽しむことができる。観戦チケットは各WEBサイトやチケットセンターなどで販売中だ。

 詳細は球団オフィシャルサイトにて掲載中。

◎愛斗選手コメント
「普段ベルーナドームの天井に自分の姿が映ることはないので、とても不思議で新鮮な感覚です(笑)。試合はもちろんですが、試合後にもベルーナドームで楽しい夏の思い出を作っていただけたらうれしいです。僕たちも輝く星空に負けないよう“WILDな”戦いをし、白星を皆さまお届けできるようにがんばります!」

記事提供:

週刊ベースボールONLINE