【先発陣採点】ロッテ65点、オリックス90点、西武80点…パ・リーグ6球団 前半戦「先発陣」の評価は?

週刊ベースボールONLINE

  • ニュース

2022.7.19(火) 10:01

ペナントレースも折り返し地点をとうに過ぎ、各球団は80試合以上を消化している。果たしてここまで、先発がしっかりと役割を果たしたのはどこか? パ・リーグ6球団の先発陣を100点満点で採点した。
※記録は7月18日現在

千葉ロッテマリーンズ



ロッテ・佐々木朗希

ロッテ 65点

 開幕投手を務めた石川歩が先発の陣として期待され、防御率1点台で5勝をマーク。ただ、腰痛で6月中旬から約1カ月間離脱したのは痛かった。4月10日のオリックス戦(ZOZOマリン)で完全試合を成し遂げた“令和の怪物”こと佐々木朗希も、防御率1.48、リーグトップの124奪三振と圧倒的な投球を続けるも、7月1日にマメをつぶして登録抹消。先発ローテーションの軸がままならない中、昨季2ケタ勝利を挙げた小島和哉、ベテラン右腕・美馬学が勝負どころで失点を喫して勝ち切れず、チームも浮上し切れていない。打線の援護も無関係ではないが、勝ちを計算できる先発投手の数は、混戦模様のパ・リーグを制するカギとなりかねないだけに、先発陣の奮闘は不可欠だ。

オリックス・バファローズ



オリックス・山本由伸

オリックス 90点

 リーグトップの9勝を挙げるエース・山本由伸を筆頭に盤石の布陣だ。ノーヒットノーランを達成した山本は5敗を喫しているものの、安定感は健在で、投球回数もリーグトップの116回。救援陣の負担を減らしているのはさすがだ。さらに、山岡泰輔も安定感が光り、防御率はリーグ1位の1.786を記録。左腕でも田嶋大樹、宮城大弥がともに6勝を挙げ、山崎福也も先発ローテーションをしっかり守っている。疲労を考慮して登録を一度抹消するなど、長いシーズンを見据えたベンチワークも光り、先発ローテの谷間でドライチ・椋木蓮が好投。シーズン序盤は得点力が上がらない中で、勝率5割付近に踏みとどまれているのは、先発投手陣の奮闘が大きい。

埼玉西武ライオンズ



西武・高橋光成

西武 80点

 4年連続チーム防御率がリーグ最下位だった投手陣が生まれ変わった。今季はここまで防御率2.37でリーグどころか12球団No.1で、首位に立つ要因となっている。先発陣の防御率は2.86でリーグ4位。與座海人が7勝、高橋光成、ディートリック・エンスが6勝、松本航、平井克典が5勝をマーク。防御率1.55の強力リリーフ陣にも助けられているとはいえ、及第点以上なのは間違いない。開幕先発ローテーションには隅田知一郎、佐藤隼輔の両新人左腕が入っていたが、リフレッシュのために6月中旬に登録抹消されたがレベルダウンを感じさせない。ケガのため先発ローテを外れていた今井達也も7月7日のオリックス戦(京セラドーム)で一軍復帰し、続く14日のロッテ戦(ベルーナ)で今季初勝利。離脱中に5キロ増となった体から投げ込む直球の威力があり、今後のキーマンと言える。高橋は現在の9連戦中に中5日を解禁予定。エースは7敗を喫し、借金「1」となっているだけに、打線の援護がない中でも勝ち抜く投球が期待される。

東北楽天ゴールデンイーグルス



楽天・田中将大

楽天 50点

 絶好調だった序盤戦から一転して、先発陣には暗雲が漂っている。4連勝中と好調だった涌井秀章は、5月18日のロッテ戦(ZOZOマリン)で打球が右手中指に直撃をして長期離脱を余儀なくされている。また、先発ローテーションの柱として期待された田中将大は、5月時点で昨季に並ぶ4勝をマークしたが、そこから悪夢の6連敗を喫し、再調整のために登録抹消に。7月16日のオリックス戦(楽天生命パーク)で一軍復帰登板を果たし、ようやく5勝目を挙げた。岸孝之と則本昂大がチームトップの6勝で並んでいるが、なかなかベストの布陣を組めていない。優勝争いに踏みとどまるための正念場を迎えている。

福岡ソフトバンクホークス



ソフトバンク・大関友久

ソフトバンク 50点

 開幕当初はエース・千賀滉大、石川柊太がチームを引っ張っていたが、気づけば先発陣の勝ち数27はリーグワーストに。千賀は2度の離脱に、石川は6試合勝ちに見放されるなど、苦しい時間も長かった。特にその間、代わりを務める若手が出てこなかったのも、チームとしては悩ましかった。ただ、悪いことばかりではない。今季は東浜巨が5月11日の西武戦(PayPayドーム)でノーヒットノーランを達成するなど、久しぶりにしっかりと先発ローテーションを維持している。また、光明なのはプロ入り3年目左腕・大関友久の存在だ。開幕先発ローテをつかむと、一時中継ぎ配置転換を経験したことでパワーアップ。ここまでチーム2位の6勝を挙げているだけでなく、2完封はチーム唯一だ。よりよいパフォーマンスのために、常に進化し続けている左腕。後半戦も楽しみだ。

北海道日本ハムファイターズ



日本ハム・上沢直之

日本ハム 40点

 開幕から低迷が続いていた投手陣だが、先発、リリーフとも安定してきた7月は7連勝を含む9勝5敗とチーム成績も上昇。上沢直之、伊藤大海が2勝ずつを挙げ6勝と7勝。先発で唯一防御率1点台の加藤貴之はギックリ腰から復帰後の7月14日、7回無失点の好投を見せた。コディ・ポンセ、池田隆英、田中瑛斗と三本柱に続く先発も勝利を挙げ先発ローテーションも確立できそうな矢先、7月リーグトップの防御率1.27だった上沢が16日の西武戦(札幌ドーム)で右足に打球を受け右第3趾基節骨骨折。復帰まで8週間の診断でエースを欠いた戦いを強いられる。新型コロナ陽性判定の加藤も離脱し、先発ローテを組み替えざるを得ない状況だったが……。17日には島崎毅投手コーチ、18日にはBIGBOSS、武田勝投手コーチが新型コロナ陽性判定。一軍首脳陣もベンチから姿を消し、先発ローテ再編はうまく進むか。

写真=BBM

記事提供:

週刊ベースボールONLINE