キャンプ気分で“獅子まんま”を楽しめる! 「ライオンズフェスティバルズ2022」で『メスティングルメ』販売決定

週刊ベースボールONLINE

  • ニュース

2022.7.13(水) 15:01


メスティンを持つ山川[球団提供]

 西武は7月22日から開催されるライオンズフェスティバルズ2022の限定グルメとして、『メスティングルメ』を販売すると発表した。一部の商品は7月16日から18日の期間中に開催される「ライオンズ夏祭り2022」で先行販売を行う。

 メスティンとはキャンプを愛するキャンパーたちの間で人気のアルミ製の飯ごうのこと。普段はプラスチックの容器などで提供しているベルーナドーム自慢の“獅子まんま”をこのメスティン容器に入れ、キャンプ気分で味わうことができる。この容器に入れられるのは、ご当地グルメ 埼玉食道の「秩父わらじかつ丼」やエスニックダイニング ムエタイの「ガパオライス」など11種類で、キャンプらしくワイルドに食べられるメニューを提供する。

 食べたあとは家に持ち帰ってお弁当箱として、実際のキャンプでも使用できる。蓋にはライオンズのロゴマークや選手の背番号と名前が入っており、グルメを注文する際に対象選手を選ぶことができる。高橋光成、森友哉、山川穂高、源田壮亮、中村剛也、栗山巧の6選手が対象だ。


『メスティングルメ』とメスティン[球団提供]

「今年のライオンズフェスティバルズは“野性”や“ワイルド”がテーマなので、自然いっぱいのベルーナドームでメスティングルメを豪快にかきこんじゃってください! 僕もワイルドな“どすこい”をお見せできるようにがんばります! ぜひ僕の名前と背番号入りのメスティンに、皆さんの好きなグルメを入れて楽しんでください!」(山川)

『メスティングルメ』は数量限定で、いち早く手に入れたい方は、山川、源田、栗山のデザインが先行販売されるライオンズ夏祭りでゲットするのがおすすめだ。ライオンズ夏祭りでは、その他一部の飲食売店の営業もあり、選手プロデュースグルメの販売(一部)や縁日の屋台も出店する予定だ。

 詳細は球団特設サイトにて。

記事提供:

週刊ベースボールONLINE