オリックス・池田陵真 持ち味のアグレッシブさを前面に/レギュラー争いダークホース

週刊ベースボールONLINE

  • ニュース

2022.3.15(火) 12:01


オリックス・池田陵真

 たくましい18歳が、開幕一軍&開幕スタメンを狙う。大阪桐蔭高からドラフト5位で入団した池田陵真の猛アピールが止まらない。

 宮崎キャンプから帰阪した3月1日、ロッテとのオープン戦(京セラドーム)では3回に代打で途中出場し、ロッテの開幕投手・石川歩の初球を捉えて、右安打を放った。「控えから出る立場だったので、いつ出ても良いように準備はしていた。初球が甘い球だったので、思い切って打っていこうと思っていました」と振り返った。

 プロ入り初の本拠地・京セラドームの打席は「すごく打ちやすい雰囲気だった」と好感触だった。18歳の新顔が開幕一軍入りへ、懸命にアピールを続けている。

 中嶋聡監督は「良いと思いますよね。初めての対戦で(ボールを)見ていくことが多いはずですけど、初球でタイミングをしっかり合わせて打つというのができている」と積極性を高く評価した。池田は「とにかく新鮮な気持ちを持って(打席に)向かっています。力負けしないように振っていきたい」と、元気ハツラツな回答だった。

 チームの外野陣は主砲の吉田正尚、昨季の本塁打王・ラオウこと杉本裕太郎、リードオフマンの福田周平、さらにはドラフト4位の渡部遼人が存在感を示している。池田も負けじとアピール。翌2日のロッテ戦では二番・左翼で出場して相手右腕・美馬学の初球を中安打。持ち味のアグレッシブさを前面に出した。狙う開幕一軍のイスへ、自らのバットで道を切り開いていく。

写真=BBM

記事提供:

週刊ベースボールONLINE