安田悠馬、松川虎生と新人捕手に逸材が! パ・リーグ6球団 今季「大ブレーク」するのはこの選手だ!

週刊ベースボールONLINE

  • ニュース

2022.3.19(土) 11:01

オープン戦も終盤戦を迎えているが各球団、楽しみな若手が続々と出てきている。その勢いはシーズンでも続いていくか。今季、一軍でしっかりとチームの勝利に貢献することが望める若手は誰か。パ・リーグ6球団の大ブレークするのはこの選手だ!
※記録は3月18日現在

東北楽天ゴールデンイーグルス



楽天・安田悠馬

 球団史上初となる、新人捕手の開幕スタメンも現実味を帯びてきた。ドラフト2位・安田悠馬が猛アピールしているのは打撃面だ。3月15日に行われたオリックスとのオープン戦(静岡)では4打数3安打2打点と大暴れを見せた。本人いわく、8日のヤクルト戦(静岡)で右翼席へ放った本塁打がきっかけとなった。チーム自体がオープン戦で好調ということもあり、マスクをかぶる安田にとっては「勝てる捕手」をアピールする絶好の機会となっている。かつてチームの顔だった嶋基宏(現ヤクルト)も成し遂げられなかった偉業に挑む。

千葉ロッテマリーンズ



ロッテ・松川虎生

 高卒新人捕手として史上3人目となる開幕スタメンだ。ドライチ・松川虎生の開幕マスクが明言されいる。3月16日、広島とのオープン戦(ZOZOマリン)で開幕投手を務める石川歩が先発。同戦のスタメンマスクは松川で、井口資仁監督は「そのバッテリーでいくんじゃないですかね」とコメントした。石川も「キャッチングがいい」と称賛する18歳捕手の守備力は高く、ワンバウンドの変化球もしっかり止め、堂々たるプレーを披露。先輩にも臆せず声をかけるなど、身長178センチ、体重98キロの体格も際立つ風格も漂わす。打撃面も果敢にスイングするなど積極性が光り、気持ちの強さをのぞかせる。経験を積む1年目となりそうだが、一気にブレークする可能性も大。チームだけでなく、次代の日本を代表する捕手となる可能性を秘めている。

福岡ソフトバンクホークス



ソフトバンク・野村大樹

 持ち前の勝負強さを武器に、プロ4年目の野村大樹が開幕一軍をつかもうとしている。藤本博史監督が掲げる「攻める野球」で、1つポイントになるのが右打者だ。指揮官としては特に若手の台頭を望む中、打撃面に関しては頭一つ抜けている野村。今春の実戦でも少ないチャンスで結果を残そうと必死だ。「当然、狙うのはレギュラーだけど、与えられる(役割が)代打ならしっかり結果を出していきたい」と野村が語るとおり、現状では右の代打要員も、三塁のレギュラーは決まっておらず、アピール次第では“昇格”する可能性も十分にある。そうなれば、チームとしても活性化。藤本ホークスを象徴する1人になってほしいところだ。

オリックス・バファローズ



オリックス・渡部遼人

 俊足巧打を武器にルーキーイヤーから躍動しそうなのが、ドラフト4位の渡部遼人だ。身長170センチと小柄な22歳は、50メートル走5秒9の俊足に、巧みなバットコントロールが光る。変化球に体勢を崩されてもファウルでカットするほか、うまくバットで拾って外野の前に運ぶことも。福田周平と同タイプとあってレギュラー争いはオープン戦最終戦まで続きそうだが、高い対応力を見せているだけに仮にスタメンでなくても、代走、守備固めでもチームの力になっていくはず。慶大時代は盗塁失敗なしと、判断力も武器。昨季、チーム盗塁数はリーグ5位の50。優勝を勝ち取った昨季になかった“足”を加える存在が、チームをさらに進化させそうだ。

北海道日本ハムファイターズ



日本ハム・水野達稀

 新庄剛志監督の「レギュラー横一線」の方針の下、オープン戦5本塁打と覚醒中の万波中正をはじめ、チャンスを与えられた若手の台頭が目立っている。中でも、キャンプからオープン戦まで好調を維持しているのが、ドラフト3位ルーキー・水野達稀だ。3月16日の西武とのオープン戦(ベルーナドーム)では、サブマリン・與座海人から第1号本塁打を放った。ここまでオープン戦11試合に出場し27打数9安打、打率.333と絶好調。パンチ力のある打撃に加え、社会人屈指といわれた堅実な守備力でもアピールしている。チームの課題であった“強打の内野手”として開幕スタメンを張れる実力は十分だ。シーズン通して起用されれば新人王も狙える。

埼玉西武ライオンズ



西武・鈴木将平

 強い決意が飛躍への道を切り開いている。レギュラー奪取を誓って迎えた昨季、開幕一軍をつかみながらバットが湿った。5月下旬に二軍落ちし、27試合出場で打率.158と不本意な結果に。現状打破へ、オフは秋山翔吾と行っていた自主トレから独立。自分自身と向き合いながら鍛錬に励んだ。春季キャンプではA班に帯同し、平石洋介新打撃コーチと打撃改善に着手した。その成果が表れている。ここまでオープン戦で11試合に出場し、打率.350。何より出塁率が.447と高い数字を示し、開幕一番の座を手に入れようとしている。心技体に充実している23歳。シーズンでも斬り込み隊長として真価を発揮しそうだ。

写真=BBM

記事提供:

週刊ベースボールONLINE