オリックス・大下誠一郎“ビッグボイス”は健在「野球が好きなら死ぬ気で声を出すのは普通」/わがチームのムードメーカー

週刊ベースボールONLINE

  • ニュース

2022.3.22(火) 12:16


オリックス・大下誠一郎

 オリックスの“ビッグボイス”こと大下誠一郎が、今季もベンチで声を張り上げている。味方打線がボール球を見極めると「ナイスアーイ!」や「見えている~!」と盛り上げる。

 2019年秋の育成ドラフト6位でオリックスに入団し、1年目の20年途中に支配下選手登録を勝ち取った。同年9月15日の楽天戦(ほっと神戸)では、八番・三塁でプロ初スタメン。2回にはプロ初打席で辛島航から左翼席へプロ初安打となるプロ初本塁打を放った。育成ドラフト出身で、プロ初打席初本塁打は史上初の快挙となった。

 今春キャンプはA班スタートで、メーングラウンドには常に大下の声が響いた。「練習でチームが暗い雰囲気だったら、誰も上達しない。とにかく自分が引っ張るつもりで、声を出しとるっす。自分が引っ張るんや、ちゅうふうに」と北九州育ちの背番号40は方言が抜けない。

 入団3年目で「声の出し方を覚えてきたんです。声がかれんように」と声出しにも工夫を重ねる。中嶋聡監督からアメを手渡され「これ、食えよ」とノドのケアを促されるほどだ。

 大下は「野球が大好きだったら、死ぬ気で声を出すのが普通やと思う。意識して大きな声を出そうとしてるわけじゃない。勝ちたいって本気で思うから、声が出るって感じ。負けたくないし、熱くなる」と気持ちを前面に出す。オリのビッグボイスは、悲願の日本一までノドを潤す。

 3月9日の中日戦(ナゴヤ)では、今季チーム1号となるソロを左翼席に放った。心の叫びと、快音をグラウンドに轟かす。

写真=BBM

記事提供:

週刊ベースボールONLINE
  • パ・リーグ.com トップ
  • ニュース
  • オリックス・大下誠一郎“ビッグボイス”は健在「野球が好きなら死ぬ気で声を出すのは普通」/わがチームのムードメーカー