西武・山田遥楓 意外と難しい!? どんなときも変わらずに張り上げる“声”/わがチームのムードメーカー

週刊ベースボールONLINE

  • ニュース

2022.3.24(木) 11:03


常に声を出し、チームを鼓舞することを忘れない山田

「うわぁ〜、ナイス○○さん!」

「ナイスボール!!」

 まだスタンドのファンが声を出しての応援ができない中、山田遥楓の声はひときわ球場に響き渡る。その声の大きさに、ファンも思わず笑ってしまうほどだ。

 特に昨季、その山田の“元気”が果たした役割は大きかった。開幕直後からレギュラー陣にケガ人が続出し、危機感からチームには意気消沈ムードが漂っていた。そんな中、出場機会を得た7年目内野手が発する、投手が1球投げるごとに響く甲高い声がどれほどまでに投手を、チームを勇気づけたことか。ましてやそれは、勝っているとき、押せ押せムードのときはもちろん、ビハインドのとき、投手が四球の連続で重い空気が漂っているとき、もっといえば、自らがエラーした後でも“変わらずに”である。

 一見、声を出すだけなら誰でもできると思われがちだ。だが、この「どんなときも変わらずに」声を出すことがいかに難しいかは、選手たちが最もよく理解している。「なかなかできないこと」と、その価値を皆が称賛する。

 山田にとって“声”は「いつもの自分に持っていくため」の手段だという。「声を出さないと、緊張などで固まってしまって、いつものプレーが出せなくなるんです。それをほぐすために声を出すというのが大きいと思います」。かつては契約交渉の際に球団から「元気以外にプレーで勝負できるものをつくれ」と言われたが、昨季98試合に出場し、守備面で大きくアピールに成功した。打撃を向上させ、今季はさらに多くの時間、その声をグラウンド上で轟かせたい。

写真=BBM

記事提供:

週刊ベースボールONLINE