新一番・西川遥輝がフル回転。変化を遂げたつながる打線で首位に立つ楽天

週刊ベースボールONLINE

  • ニュース

2022.4.26(火) 11:00

開幕から1カ月、12球団で唯一、連敗なしで乗り切った楽天。好調な打線をけん引するのは、新加入の西川遥輝だ。中軸にも当たりが出始め、得点力は確実に増している。

走塁面に見られる変化



出塁すれば次の塁をうかがう西川。本塁にかえる機会も増えている

 4月24日の西武戦(ベルーナ)に敗れ、今季初のカード負け越しを喫した。それでもこの時点で連敗はなく、地道に貯金を積み重ねている。打線の中で効いているのはやはり、新一番打者の西川遥輝だろう。昨オフに日本ハムを自由契約になったあと、楽天に加入した。

 8日の日本ハム戦(札幌ドーム)では追加点となる適時打を放ったあと、すかさず二盗に成功した。「あのタイムリーは大きかったし、あれだけ警戒されている中で走れるというのは、本当にいい選手だなと思います」。石井一久GM兼任監督は手放しで称賛した。ここまで6盗塁はリーグ2位タイ。山崎剛も引っ張られるように6盗塁と並ぶ。チーム盗塁数はここまでリーグ2位の16。昨季はリーグワーストの45だっただけに、走塁面でこれまでのチームには見られなかった変化が起きている。

 また、チーム打率.243、84得点はいずれもソフトバンクに次ぐリーグ2位の数字と、序盤戦では攻撃力が際立っている。その中で西川は打率.343、3本塁打、6盗塁、18四球がチームトップと絶好調。15打点は浅村栄斗に次ぐ2位と、チャンスメークもでき、ポイントゲッターにもなっている。開幕当初はおとなしかった浅村も調子を上げてきており、チームトップの24安打、18打点と本領を発揮しつつある。

 昨季途中から遊撃のレギュラーに定着した山崎が打率1割台と低迷すると、21日の日本ハム戦(楽天生命パーク)からは、新型コロナ陽性判定で離脱していた小深田大翔が入れ替わる形で二番・遊撃でスタメン復帰。すると走者一掃の適時二塁打を放つなど、いきなり期待に応えてみせた。このように若手選手がレギュラー争いを演じる中で確かな成長を見せているのもプラス要素だ。


浅村の調子も上がってきた。持ち前の長打力を発揮して勝利に貢献する

 助っ人では中軸での活躍が期待されたギッテンスが5日の西武戦(楽天生命パーク)でデビューするも、3回の第2打席で空振りすると、左手首を痛めて途中交代。のちに骨折が判明し、長期離脱を避けられない大誤算となった。それでももう1人のマルモレホスは、16日のソフトバンク戦(北九州)で来日初本塁打を放つなど、日本球界に適応しつつある。打線は完成形と言えないまでも、現有戦力で補っている。

快進撃を支える先発陣


 投手陣もまた、アクシデントに見舞われながらも奮闘を見せている。先発では岸孝之、田中将大、早川隆久、涌井秀章がここまでに2勝をマーク。打線の援護に恵まれない試合も見られるが、早川は防御率0.86、田中将は2.05、岸は1.35。いずれも3試合連続クオリティースタートと抜群の安定感を見せている。

 則本昂大は開幕戦で敗戦投手となったあと、1日に新型コロナ陽性判定により離脱した。21日のイースタン・ヤクルト戦(森林どり泉)に先発して4回7安打4失点。24日に一軍へ合流した。石井GM兼任監督は「彼にはカード頭で投げてほしいので、そのへんをイメージして、次回の登板に備えてほしい」と青写真を語る。

 なかなかフルメンバーがそろわない中で首位をキープしているのは、上々の結果と言える。後半に失速した昨季の反省を生かし、長いシーズンで戦力を維持したいところだ。

写真=BBM

記事提供:

週刊ベースボールONLINE