ロッテが『ガムセレクト』を実施! 投手として初めて小島和哉に『プロフェッショナルガム』を提供

週刊ベースボールONLINE

  • ニュース

2022.4.26(火) 16:50


ガムセレクトを行うロッテ・小島和哉(写真手前)

 プロフェッショナルを追究する。千葉ロッテマリーンズが、株式会社ロッテ中央研究所の噛むこと研究部とともに、選手が好むガムの形状、硬さ、香味を選ぶ「ガムセレクト」を実施し、1人ひとりにカスタマイズした『プロフェッショナルガム』を提供することになった。

『プロフェッショナルガム』は東京歯科大学・武田友孝先生の監修に基づき、さまざまなプロアスリートに向けて提供しているガム。トレーニングや試合中に「噛むこと」を通じて、アスリートたちを「噛むチカラ」でサポートすることが目的として開発されたもので、噛んでいる間の硬さ、味の持続性が特徴だ。

 千葉ロッテマリーンズとの取り組みは2019年から始まり、今回で4回目の実施。今後も、ロッテ噛むこと研究部とともに選手たちのパフォーマンス向上のため、ガムを噛むことを日常に取り入れる「ガムトレ」を推奨していく。

 今回ガムセレクトを実施した選手は昨年に引き続き主将の中村奨吾、内野手の藤岡裕大、そして新たに左腕・小島和哉、内野手・平沢大河、外野手・山口航輝の計5選手。過去3回はすべて野手への提供となっていたが、今季、投手への提供が初めてとなった。

 今回初めて提供を受けた小島和哉のコメントは次の通り。

■小島和哉コメント
「今回初めてガムセレクトをさせて頂きましたが、投手としては初めてとういうことで本当にうれしく思います。僕が選んだのは、硬さはミドルの板ガムタイプで味はブルーベリーをセレクトさせていただきました。試合前のランニング中に走るリズムに合わせて、ガムを噛んでいます。また試合に入っても登板後、ベンチに戻ってきた際には必ずガムを噛んでいます。噛むことはとても重要だと思いますし、僕自身ガムを噛むことでリラックスできていると思います。自分のオリジナルガムを作っていただけることは本当に光栄です。今年一年噛み続けていきます!」

写真=千葉ロッテマリーンズ提供

記事提供:

週刊ベースボールONLINE