ロッテ・佐藤都志也 佐々木朗希だけじゃない! 3年目の覚醒へ /“春の誤算”喜怒哀楽

週刊ベースボールONLINE

  • ニュース

2022.4.30(土) 12:01


ロッテ・佐藤都志也

 攻守で欠かせない存在となっている。入団当初から「強打の捕手」として注目を浴びてきた佐藤都志也が、新たな新境地を切り拓いた。

 捕手と一塁手の二刀流だ。3月25日、楽天との開幕戦。五番・一塁で自身初の開幕スタメンをつかんだ。キャンプから捕手一本で取り組んできただけに、アッと驚かせる井口資仁監督の采配だった。

 本拠地・ZOZOマリン開幕戦となった3月29日のソフトバンク戦では五番・捕手で出場し、先発・ロメロを7回1失点と好リード。4月1日の西武戦(ZOZOマリン)では一塁手として攻守を連発し、同点の9回一死満塁ではサヨナラ犠飛を打ち上げた。

「チームの勝ちにつながれば、自分は(どんな役割でも)いいと思っている。不器用ながらも、自分にできることは、やるべきことはやるという気持ちしかない」

 捕手だからこそ、一塁手として役立っていることも多い。この試合では一、二塁の場面で2度も一塁前の犠打を処理して三塁で封殺した。持ち前の強肩に、バントシフトを熟知しているからこそ、思い切ったチャージを敷くことができる。

 最速164キロの剛腕・佐々木朗希がマウンドに上がる際には、ルーキーの松川虎生がマスクをかぶるが、実は剛速球である一塁けん制を捕球するのも困難。ところが、捕手の佐藤都ならば安心だ。

「大学2年と大学4年のときのジャパンでも一塁をやっている。それも自分の強み」

 4月3日の西武戦(ZOZOマリン)、5日の日本ハム戦(ZOZOマリン)では四番も任された。完全試合を達成した佐々木朗だけではない。この男も「3年目の覚醒」を果たしている。

写真=BBM

記事提供:

週刊ベースボールONLINE