レギュラー白紙から見事返り咲いたソフトバンク・今宮健太 パ・リーグ6球団「遊撃手事情」は?

週刊ベースボールONLINE

  • ニュース

2022.5.10(火) 11:01

ダイヤモンドの華であるショート。野手の中では最も高い身体能力を求められると言っても過言ではなく、内野の要となるポジションだ。開幕から1カ月半が経過したが、果たしてパ・リーグ6球団の「遊撃手事情」は?
記録は5月9日現在

福岡ソフトバンクホークス



ソフトバンク・今宮健太

 名手・今宮健太がいながら、今季を迎えるにあたって藤本博史監督は遊撃のレギュラー不在を明言。春季キャンプでも競争をあおって開幕を迎えた。ただ、ふたを開けてみれば、ここまでほぼ今宮がその座に就いているのが現状だ。華麗で堅実な守備は今季も健在で、バックから投手陣をもり立てる。加えて、光るのがバッティング。一時、打率1割台と振るわずにスタメンを外れることもあったが、4月20日のオリックス戦(京セラドーム)での一発がきっかけになったのか、以降は快音が続いている。打率.342はリーグ2位の成績だ。連戦にも今のところ体調面の不安もなく、指揮官も二番に置いたり、八番に置いたりして効率的に得点を稼ぐための起用に。今季は攻守に頼もしい背番号6。遊撃のポジションはこのまま誰にも渡さない。

東北楽天ゴールデンイーグルス



楽天・小深田大翔

 開幕当初は山崎剛、そしてその後は小深田大翔と、遊撃の定位置争いではこの2人が昨季から激しく争っていた。山崎はここまで打率.145とバットが湿り、レギュラーの座を奪われたが、俊足が大きな武器となっている。8盗塁は西川遥輝と並ぶチームトップの数字だ。終盤に代走で登場し、大事な場面で盗塁を決めることもあり、失敗ゼロと好調だ。一方、中堅手として開幕スタメンを迎えた小深田はベンチスタートが多かったが、先発で起用されるといきなり3点適時二塁打を放つなどバットでアピールしていた。だが、5月8日のオリックス戦(京セラドーム)で一塁へのヘッドスライディングでセーフになるも左肩を負傷。途中交代となってしまったが、症状が気になるところだ。

埼玉西武ライオンズ



西武・山田遥楓

 不動の遊撃手・源田壮亮の名前がラインアップから消えた。5月6日の日本ハム戦(ベルーナ)、「一番・遊撃」でスタメン出場した源田は自打球を右足に受け、倒れ込んで悶絶。一旦ベンチに下がったが、痛みをこらえてその打席を完了させた。だが、裏の守備から交代。試合後、「右足舟状骨骨挫傷」と診断され、翌日登録抹消されてしまった。7日の同カードでは急きょ一軍昇格したドラフト6位の中山誠吾が遊撃でスタメン出場も、6回に投手からの送球を受けた際に捕球ミス。併殺を完成させることができずに、相手に逆転を許すきっかけとなるエラーとなってしまった。8日の日本ハム戦(同)では山田遥楓がスタメン。源田が復帰するまで、守備力に定評がある背番号52に遊撃の座を託すのがベターだろう。

オリックス・バファローズ



オリックス・紅林弘太郎

 開幕から高卒3年目の紅林弘太郎が遊撃の位置に就き続けている。広い守備範囲を際立たせる強肩を駆使して三遊間の深い打球もアウトを奪うなど、守備は昨季中盤から大きく向上。打っては昨季2ケタ10本塁打を放ったパンチ力を秘め、今季は得点圏打率で3割近い数字を残して勝負強さも光る。ただ、シーズン打率は1割台と伸び悩み、5月4日に今季初のスタメン落ちも。レギュラーと呼べる存在になりつつあるが、“不動”となるにはバットでもコンスタントに結果を残したいところ。高卒3年目の20歳ながら寄せられる期待は大きい。

千葉ロッテマリーンズ



ロッテ・藤岡裕大

 昨季に加入したエチェバリアから遊撃の定位置再奪取を期して挑んだ藤岡裕大が開幕スタメンを手に。強肩を武器にした守備力でこだわりのポジションでシーズンをスタートさせた。ただ、バットが振るわず、4月21日に二軍落ち。代わってエチェバリアや、俊足巧打が武器の2年目・小川龍成が遊撃スタメンで出場するなど併用が続くのは、得点力不足のチーム事情も大きく関係する。いずれも守備力は高いだけに、出場機会をつかむのはバット次第。内野の要と言われるポジションも、今季の打線を踏まえれば、より打つことが求められている。

北海道日本ハムファイターズ



日本ハム・石井一成

 開幕から35試合終了時点で遊撃の最多スタメン出場は20試合の石井一成。二番手以降は8試合の上野響平、4試合の水野達稀、2試合の中島卓也、1試合のアルカンタラと続く。石井が遊撃のレギュラーとしてほぼ固定されているが、若手育成にも着手している。広い守備範囲と素早い送球でトップクラスの守備力を誇る3年目の上野はレギュラー奪取のチャンスを与えられたものの、5月3日の楽天戦(札幌ドーム)、5回一死一、二塁の場面でエンドランのサインに三振併殺を喫して二軍落ち、ルーキーの水野が代わって再昇格した。ともに守備力は一軍レベルに達しているだけに、あとは打撃面でどれだけ結果を残せるかが、正遊撃手奪取へのカギとなる。

写真=BBM

記事提供:

週刊ベースボールONLINE