ベルーナドームでキャンプや縁日、盆踊り!『ライオンズ夏祭り2022』 開催決定!

週刊ベースボールONLINE

  • ニュース

2022.5.13(金) 16:01


ライオンズ夏祭りイメージ[球団提供]

 西武では、毎年夏の恒例イベントとして7月22日から開催する大型シリーズ企画「ライオンズフェスティバルズ2022」のプレイベントとして、7月16日~18日の期間中、本拠地「ベルーナドーム」にて、キャンプや盆踊り、バーベキューや縁日など、夏ならではのイベントを存分に楽める『ライオンズ夏祭り2022』を初めて開催することが決定した。

 本イベントは、コロナ禍でアウトドアブームが再燃している昨今、これまでベルーナドームに来たことがない方やライオンズファンなどに向け、ドームでの新しい楽しみ方や魅力を伝え、野球やベルーナドームを身近に感じてもらいたいという思いから実施するものだ。期間中、ベルーナドーム一帯が夏祭りの会場のように様変わりし、メインゲート付近には射的などの出店やグルメの屋台などが立ち並ぶ。グラウンド内には高さ約5メートルのやぐらが登場し、球団マスコットのレオ、ライナたちとともにお祭りの定番とも言える盆踊りを楽しめる。

 やぐらの周囲には最大で600人ほどが過ごせる約120のテントサイトを設置し、手ぶらで球場キャンプを体験できるほか、場内の大型ビジョン「Lビジョン」では、期間中に開催される日本ハムとの試合のパブリックビューイングも実施。また、ドームに隣接する開放的なDAZNデッキでバーベキューができるプランや、レストランでゆっくり食事ができるブッフェプランも事前予約で申し込める。さらに、1日1組限定で、ドームエリア内のトレイン広場に展示している電車車両「L-train101」の車内でキャンプを楽しめるプランや、日帰りでもパブリックビューイングや盆踊りをゆったりと観戦できる予約席も用意している。


球場キャンプイメージ[球団提供]

 そのほか、子ども向けの「カブトムシ・クワガタふれあい体験」や、非日常で自然を体感する「丸太切り体験」など、夏ならではのイベントのほか、「獅子まんま」の愛称でファンに好評の場内飲食店も一部営業し、ライオンズフェスティバルズ2022の期間中に販売されるグルメの一部を一足早く楽しめる。さらに場内のグッズショップでも、ライオンズフェスティバルズ2022グッズの一部を先行販売する。

 都心から短時間でアクセスでき、夏をまるごと楽しめる自然豊かなベルーナドームならではの『ライオンズ夏祭り2022』。ドームへの入場は無料。各プランの詳細・予約は5月20日から順次、特設サイトにて公開、予約受付を開始する。

記事提供:

週刊ベースボールONLINE