西武・山川穂高 「練習でもできない打ち方」最高の“準備”で最高の“反応”/これぞプロの技

週刊ベースボールONLINE

  • ニュース

2022.5.18(水) 12:01


巧みに内角を振り抜き逆転弾とした山川

「さすが四番打者」

 そう思わせる一発だった。5月3日のロッテ戦(ベルーナ)、3回に1点を先制されて迎えたその裏、一死一塁で打席に立った山川穂高は、フルカウントからの小島和哉の内角直球を、巧みに腕をたたんで仕留め、レフトスタンドのポール際へと運んでみせた。チームを勝利に導いた技ありの逆転本塁打に、辻発彦監督も「難しい球だった。大したもの」と惜しみなくたたえた。

 一方で、当の山川本人は「たまたまですね」とドライな口調。だが、やはりその胸の内では、己の今季の取り組みに対する自信をより一層深めていた。「全部反応。反応は狙えないので、今日(3日)のホームランは狙ってではできない。バッティング練習でもなかなかできない打ち方。そういう反応をしてくれた今日の僕に感謝です」と目を輝かせていた。

 意識せずとも自然と体が動いた、その“反応”を出すために「今年は、打席の中よりも、打席に入る前の“準備”をメチャクチャ大事にしています」と山川。相手投手の分析も、ケアやウォーミングアップ、打撃練習などの自身のコンディション調整も、すべて打席に立ったときには最高の“反応”ができるための準備が整えられているのである。

 5月8日の日本ハム戦(同)では13、14号を放ち、本塁打を放った試合は全勝という「不敗神話」を11に伸ばした。小学校からプロまで、すべてのカテゴリーで四番を託され、自分が打てずに負けると「四番のせい」と言われ続けてきた。だが、今は違う。「山川がホームランを打てば負けない」。チームの勝利を背負い、今日も最高の準備をして打席に向かう。

写真=BBM

記事提供:

週刊ベースボールONLINE