ロッテ・石川歩 謙虚な男は背中でけん引「いい投手はたくさんいるので……」/交流戦のキーマン

週刊ベースボールONLINE

  • ニュース

2022.5.28(土) 12:01


ロッテ・石川歩

 交流戦の順位が今後のチームを大きく左右する。ここでも先発ローテーションの軸を任されるのは、今季3度目の開幕投手を務めた石川歩だ。4月10日のオリックス戦(ZOZOマリン)で佐々木朗希が完全試合を達成したことで、注目は3年目の怪物に集まっているが、伝家の宝刀シンカーをウイニングショットに持つ右腕も、ここまで安定感抜群の成績を残している。

 決して口数の多いタイプではない。石川自身は「投手陣を引っ張っている感じなんてないです。いい投手はたくさんいるので……。負けないように必死という感じです」と控えめだが、紛れもなく背中で先発陣をけん引している。

 昨季までのプロ8年間で、侍ジャパンのメンバーとしてWBCに出場するなどの実績も残してきた。ルーキーだった2014年から3年連続2ケタ勝利を記録し、交流戦でも昨季まで通算10勝7敗、防御率3.28をマーク。昨季は6月に右ヒジ関節クリーニング手術を受けたため、交流戦に登板することはできなかったが、今季は万全の状態で普段と異なるセ・リーグの球団との対戦に臨み、5月24日の広島戦(マツダ広島)では7回無失点で今季4勝目を挙げた。

 開幕前から井口資仁監督も「石川が先陣を切ることで、ほかの若い投手がそれに続くことができる」とエースとしての役割を期待している。若い投手だけでなく、高卒捕手・松川虎生とコンビを組んで、マウンドからリードすることも期待される。

「松川がいつもいい感じにリードをしてくれる」

 18歳ルーキーが出すサインに、34歳のベテランは基本的に首を振ることをしない。交流戦でも、そんな姿勢は変わらないだろう。

写真=BBM

記事提供:

週刊ベースボールONLINE