楽天・安楽智大 「もっともっと改善するところはある」。失敗を糧にする右腕/中継ぎ投手の戦い

週刊ベースボールONLINE

  • ニュース

2022.6.8(水) 12:01


重要局面を担う右腕だ

 まさに安定感抜群の投球だった。5月24日の阪神戦(甲子園)。1点ビハインドの7回、二番手としてマウンドに上がったのは安楽智大だった。

 先頭の糸原健斗は147キロの直球で左飛、続く坂本誠志郎も148キロ直球で中飛。代打・高山俊には1ボールの後、3球連続で真っすぐを投じて中飛に封じた。チームは敗れたが、1回をピシャリと抑えた。6月7日現在、中継ぎで23試合に登板し4勝1敗1セーブ、9ホールド、防御率3.27。リリーフ陣の柱の1人として、勝ちパターンの一翼を担う。ただ、道のりは平たんではなかった。

 今季初登板となった3月27日のロッテ戦(楽天生命パーク)は8回に三番手で登板し4失点。チームは延長11回、6対5でサヨナラ勝ちを収めたが、6回1失点で勝利投手の権利を得てマウンドを降りた岸孝之の今季初白星を消す形に。「全然切り替えができなかった」と落ち込んだ。

 それでも、仲間から「愛のあるいじり」を受け、前を向けたという。「岸さん、大地(鈴木大地)さん、将大(田中将大)さん。みんながいじってくださった。やりやすい環境を作ってもらった。野球で負った傷は野球でしか癒やさない」。打者との勝負に集中し、同ロッテ戦以降の6試合では計6回を投げ無失点と立ち直った。

 ここまで手応えを感じている球は直球とチェンジアップ。石井一久GM兼任監督からも「昨年の経験が生きている」と信頼されているが、右腕は「もっともっと改善するところはある」と意気込む。強力な中継ぎ陣の形成に向け、さらなる成長を目指す。

写真=BBM

記事提供:

週刊ベースボールONLINE