2022.3.21MON東京ドーム
巨人

巨人

VS

東北楽天

東北楽天

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
E
G

戦評/GAME RECAP

 3月21日、東京ドームで行われた巨人と東北楽天のオープン戦は、4対3で東北楽天が勝利。オープン戦を11勝2敗3分で終えた。

 東北楽天は2回表、2死から7番・茂木栄五郎選手が左翼席へソロ本塁打を放ち、幸先よく1点を先制する。同点とされた直後の5回表には、2死3塁の場面で2番・山崎剛選手にレフトへの適時二塁打が生まれ、すぐさま勝ち越しに成功した。

 先発の田中将大投手は、安定した投球で序盤を無失点に抑える。ところが4回裏、4番・岡本和真選手に同点弾を浴びると、1点リードの5回裏には、7番・丸佳浩選手に被弾。続く6回裏は、1死1、3塁のピンチを併殺打で切り抜け、6回5安打2本塁打1四球1奪三振2失点の内容で降板した。

 2対2の同点で迎えた8回表、2死から5番・マルモレホス選手が右中間へ本塁打をたたき込み、勝ち越しに成功。しかし8回裏、3番手・藤平尚真投手が1死3塁のピンチを背負うと、内野ゴロの間に1点を失い、試合は再び振り出しに戻る。

 迎えた9回表、1死1塁から田中和基選手が適時三塁打を放ち、1点のリードを得ると、9回裏は弓削隼人投手がマウンドへ。先頭に四球を与えるも無失点に抑え、4対3で試合終了。

 東北楽天は、先発・田中投手が2つの本塁打を浴びながらも、6回を2失点にまとめる。一方の打線は、茂木選手が先制弾を含む2安打1打点の活躍、マルモレホス選手には本塁打が生まれると、終盤の9回表に田中和選手が勝ち越し打を放ち、巨人とのシーソーゲームをものにした。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます