2022.3.21MONベルーナドーム
埼玉西武

埼玉西武

VS

東京ヤクルト

東京ヤクルト

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
S
L

戦評/GAME RECAP

 3月21日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と東京ヤクルトのオープン戦は、4対1で埼玉西武が勝利。オープン戦を7勝7敗1分の成績で終えた。

 埼玉西武の先発は、ドラフト2位ルーキーの佐藤隼輔投手。初回、4番・村上宗隆選手から空振り三振を奪うなど、上々の立ち上がりを披露。3回表には、2死から1番・塩見泰隆選手に三塁打を浴びるも、落ち着いて後続を断ち、無失点でしのぐ。以降もテンポ良くアウトを重ね、5回1安打2四球3奪三振無失点でマウンドを降りた。

 佐藤投手の好投に応えたい打線は4回裏、中村剛也選手、オグレディ選手の安打などで2死1、3塁とすると、7番・源田壮亮選手が右翼席へ3ランを運び、3点を先制する。

 さらに5回裏、先頭の9番・愛斗選手がフェンス直撃の二塁打で出塁。続く鈴木将平選手が1球で犠打を決め、1死3塁と好機を拡大する。この場面で、2番・外崎修汰選手に犠飛が生まれ、1点を追加した。

 しかし4対0で迎えた8回表、4番手・佐野泰雄投手が3連打を浴びると、併殺打の間に1点を失う。2死3塁の場面で登板した赤上優人投手は、3番・山田哲人選手を右飛に打ち取り、このピンチを無失点で切り抜けた。

 3点リードの最終9回表は、佐々木健投手が締め、4対1で試合終了。埼玉西武は、佐藤投手が5回無失点の好投で試合の流れをつくると、源田選手に3ランが生まれるなど打線が機能。投打がかみ合い、オープン戦最終戦を勝利で飾った。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます