2022.3.20SUNバンテリンドーム
中日

中日

VS

千葉ロッテ

千葉ロッテ

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
M
D

戦評/GAME RECAP

 3月20日、バンテリンドームで行われた中日と千葉ロッテのオープン戦は、2対4で千葉ロッテが敗れた。
 
 千葉ロッテの先発はロメロ投手。初回は無失点の立ち上がりを見せたものの、3回裏に2死1、2塁のピンチを招くと、木下拓哉選手にレフトスタンドへの一発を浴び、3点の先制を許す。

 打線は直後の4回表、先頭の中村奨吾選手が二塁打でチャンスメイク。1死3塁の場面から、佐藤都志也選手が放った深い内野フライで3塁からタッチアップした中村選手が生還し、中日先発・柳裕也投手から1点を返した。

 ロメロ投手は4回裏を3者凡退で打ち取り、この回限りで降板。5回裏からは小沼健太投手がマウンドに上がるが、安打と四球で2死1、3塁とされると、迎えた木下拓選手に本日4打点目となる適時打を浴びて、追加点を許してしまう。

 6回裏は3番手・国吉佑樹投手が3人で抑える好リリーフ。すると直後の7回表、高部瑛斗選手の四球と盗塁で2死2塁とした場面で、マーティン選手が放った二塁への弱い打球が内野安打となり、この間に高部選手が生還して、2点差に迫る。

 7回裏は鈴木昭汰投手が無失点でつなぎ、8回裏は益田直也投手が登板。先頭の安打から2死3塁とされながらも、この場面をしのいで味方の反撃を待つ。しかし、9回表は中日の6番手・Y.ロドリゲス投手の前に3者連続三振に抑えられ、2対4で試合終了。

 敗れた千葉ロッテは中盤から追い上げを見せるも、序盤の一発が最後まで響いた。先発のロメロ投手は古巣相手に4回75球4安打2四球1奪三振3失点の内容。打線では、中村選手がマルチ安打の働きを見せた。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます