2022.3.20SUN東京ドーム
巨人

巨人

VS

東北楽天

東北楽天

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
E
G

戦評/GAME RECAP

 3月20日、東京ドームで行われた巨人と東北楽天のオープン戦は、2対1で東北楽天が勝利した。

 東北楽天の先発・瀧中瞭太投手は1回表を3者凡退に打ち取ると、以降も力強い直球と多彩な変化球を織り交ぜた投球を披露する。5回裏に無死1、2塁のピンチを招くが、坂本勇人選手、ポランコ選手を連続三振に打ち取るなど、巨人打線に得点を許さない。瀧中投手は7回途中4安打2奪三振2四球無失点の投球内容で降板した。

 打線は4回表、マルモレホス選手、茂木栄五郎選手が安打で出塁し2死1、2塁の好機をつくると、炭谷銀仁朗選手がライト前に適時打を放ち先制に成功。さらに8回表には、和田恋選手のオープン戦1号ソロで1点を追加し、リードを2点に広げた。

 7回途中から継投策に入った投手陣。7回裏に渡邊佑樹投手が2死3塁のピンチを招いたが、代打・中島宏之選手を打ち取りピンチを脱する。8回裏は西口直人投手が岡本和真選手にオープン戦6号ソロを浴び1点を失うも、9回裏を松井裕樹投手が締めて2対1で試合終了。

 勝利した東北楽天は瀧中投手が7回途中無失点の好投、リリーフ陣も僅差を守りきった。打線は好調の和田選手が今季オープン戦初の本塁打を記録。西川遥輝選手、炭谷選手もマルチ安打の活躍を見せた。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます