2022.3.20SUNベルーナドーム
埼玉西武

埼玉西武

VS

東京ヤクルト

東京ヤクルト

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
S
L

戦評/GAME RECAP

 3月20日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と東京ヤクルトのオープン戦は、1対2で埼玉西武が敗れた。

 埼玉西武の先発・渡邉勇太朗投手は、初回を無失点に抑える上々の立ち上がりを見せる。以降もテンポよくアウトを積み重ね、5回無安打3奪三振4四死球無失点の内容で降板した。すると打線は5回裏、栗山巧選手がライトスタンドへオープン戦第1号ソロを放ち、先制に成功する。

 ここから逃げ切りを図りたい投手陣は、6回表を水上由伸投手が3者凡退に打ち取る。しかし7回表、代わった宮川哲投手が1死1塁の場面から長岡秀樹選手に適時二塁打を浴び、試合は振り出しに。さらに9回表、増田達至投手が村上宗隆選手のオープン戦第1号ソロで勝ち越しを許してしまう。

 逆転したい打線は9回裏、森友哉選手が四球、外崎修汰選手が安打で出塁。2死1、2塁の好機をつくるが、平沼翔太選手が三振に倒れ1対2で試合終了。敗れた埼玉西武は先発・渡邉投手が5回無失点の好投。打線は栗山巧選手が本塁打、中村剛也選手と外崎選手がマルチ安打を記録も、つながりを欠いた。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます