2022.3.20SUN札幌ドーム
北海道日本ハム

北海道日本ハム

VS

横浜DeNA

横浜DeNA

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
DB
F

戦評/GAME RECAP

 3月20日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと横浜DeNAのオープン戦は、4対1で北海道日本ハムが勝利し、オープン戦を8勝6敗2分で終えた。

 北海道日本ハムの先発は金子千尋投手。初回、1死1、3塁から4番・牧秀悟選手に犠飛を浴び、1点を先制される。しかし、2回表、3回表は落ち着いて横浜DeNA打線を打ち取り、3回3安打1失点の内容で後続に託した。

 1点を追う打線は1回裏、2死1塁から4番・淺間大基選手がライト線へ適時二塁打を放ち、すぐさま同点に追い付く。4回裏には、淺間選手の安打などで1死2、3塁のチャンスをつくると、6番・松本剛選手に犠飛が生まれ、勝ち越しに成功した。

 4回表以降は、望月大希投手、長谷川威展投手、古川侑利投手がそれぞれ無失点でつなぎ、迎えた6回裏。松本選手と佐藤龍世選手の連打で得た2死1、2塁の好機から、8番・石井一成選手がセンターへ2点適時三塁打を放ち、リードを3点に広げる。

 4対1で迎えた最終9回表は、7番手・北山亘基投手が走者を背負いながらも、無失点で締めて試合終了。北海道日本ハムは、金子千尋投手が3回を1失点にまとめると、この日支配下登録された古川侑投手らリリーフ陣も好投を披露し、流れを渡さず。一方の打線は好機を着実に生かし、オープン戦最終戦を勝利で飾った。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます