2022.3.19SAT東京ドーム
巨人

巨人

VS

千葉ロッテ

千葉ロッテ

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
M
G

戦評/GAME RECAP

 3月19日、東京ドームで行われた巨人と千葉ロッテのオープン戦は、7対2で千葉ロッテが勝利した。

 千葉ロッテは3回表、先頭の藤岡裕大選手のオープン戦2号ソロとなるライトスタンドへの一発で先制に成功すると、なおも2死1塁からレアード選手にも2試合連続となるオープン戦3号2ランが生まれ、一発攻勢で3点を先取する。

 続く4回表には、平沢大河選手がレフトフェンス直撃となる二塁打で出塁すると、藤岡選手の適時打で1点を追加。さらに、高部瑛斗選手の二塁打で1死2、3塁としたところから、マーティン選手にライトへの適時二塁打が飛び出し、この回も3点を奪った。

 千葉ロッテの先発・小島和哉投手は初回、1死から坂本勇人選手に二塁打を浴びるも、3番・ポランコ選手、4番・岡本和真選手から2者連続三振を奪い、無失点で立ち上がる。以降も内外角を投げ分けながら、要所を締める投球で巨人打線を抑え込み、6回を投げ切った。

 7回裏は新外国人・ゲレーロ投手が3人で抑える好リリーフ。8回裏は西野勇士投手が松原聖弥選手に適時打を浴びて2点を失うも、直後の9回表に岡大海選手がライトスタンドへの一発を放ち、リードは5点に。9回裏は小野郁投手が無失点で締めて、7対2で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、先発の小島和哉投手が6回85球3安打4奪三振無失点と上々の内容で、開幕に向けて順調な調整ぶりを示した。序盤に得点を重ねた打線では、前日に続いて3本塁打をマーク。藤岡選手は先制弾を含む2安打2打点の活躍。レアード選手も2試合連続となる一発を放ち、「5番・一塁」で先発出場した福田光輝選手もマルチ安打でアピールに成功した。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます