2022.3.19SATバンテリンドーム
中日

中日

VS

東北楽天

東北楽天

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
E
D

戦評/GAME RECAP

 3月19日、バンテリンドームで行われた中日と東北楽天のオープン戦は、2対2の引き分けとなった。

 東北楽天の先発は、岸孝之投手。2回裏に捕逸で1点を失うと、5回裏には岡林勇希選手に適時打を浴びたが、5回2失点にまとめ、マウンドを降りた。

 一方の打線は、中日先発・勝野昌慶投手を攻略できず、5回までわずか1安打に抑え込まれる。しかし6回表、2番手・谷元圭介投手から小深田大翔選手の安打などで好機をつくると、3番・浅村栄斗選手、4番・島内宏明選手の連続適時打でたちまち同点に追い付いた。

 6回裏からは、西垣雅矢投手、ブセニッツ投手、安樂智大投手、松井裕樹投手とつなぎ、それぞれ1イニングを無失点。援護したい打線だったが、9回表の2死2塁のチャンスを生かせず、2対2で試合終了。

 東北楽天は、先発・岸投手が5回76球6安打1四球5奪三振2失点(自責点1)。打線は5安打にとどまったが、浅村選手がオープン戦合流から4試合連続となる安打を放ち、好調を維持している。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます