2022.3.19SAT札幌ドーム
北海道日本ハム

北海道日本ハム

VS

横浜DeNA

横浜DeNA

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
DB
F

戦評/GAME RECAP

 3月19日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと横浜DeNAのオープン戦は、6対4で北海道日本ハムが勝利した。

 北海道日本ハムの先発・河野竜生投手は初回、1死2、3塁から暴投により1点を失うと、牧秀悟選手に適時打、大田泰示選手に犠飛を浴び、3点を先行される。3回表には1死2、3塁から宮崎敏郎選手の犠飛で1点を失うも、4回以降は2イニング連続で3者凡退に打ち取り、5回4安打2四球4奪三振4失点(自責点3)で降板した。

 4点を追う打線は5回裏、2死1塁から9番・佐藤龍世選手の捉えた打球がセンターの横を抜ける。これが適時二塁打となり、点差を3点に縮めた。6回以降は西村天裕投手、井口和朋投手、杉浦稔大投手が無失点でつなぎ、打線の奮起を待つ。

 1対4のまま迎えた8回裏は、宇佐見真吾選手、淺間大基選手の連打などで2死満塁の好機を得ると、代打・ヌニエス選手に2点適時打、石井一成選手に適時打、アルカンタラ選手には適時二塁打が生まれ、この回一挙5点を奪った。

 最終9回表は、堀瑞輝投手が3者凡退で締め、6対4で試合終了。北海道日本ハムは、先発の河野投手が5回4失点(自責点3)と苦戦するも、リリーフ陣が無失点リレーを披露。野手陣は、7回裏まで横浜DeNAの先発・大貫晋一投手に抑え込まれていたが、8回裏に5得点を挙げる猛攻を見せ、逆転勝利を飾った。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます