2022.3.19SAT京セラD大阪
阪神

阪神

VS

オリックス

オリックス

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
B
T

戦評/GAME RECAP

 3月19日、京セラドーム大阪で行われた阪神とオリックスのオープン戦は、2対4でオリックスが敗れた。

 オリックスは初回、福田周平選手とラベロ選手の連打で無死1、3塁とすると、3番・吉田正尚選手に犠飛が生まれ、幸先よく1点を先制する。

 先発の宮城大弥投手は、初回に3者連続三振を奪うと、続く2回裏も3者凡退に抑える投球を披露。ところが3回裏、2死1、2塁から熊谷敬宥選手、マルテ選手、佐藤輝明選手に3連続タイムリーを浴び、3点を失う。さらに4回裏には、同じく2死1、2塁から熊谷選手の適時内野安打で1点を失い、5.2回6安打3四球9奪三振4失点でマウンドを降りた。

 1対4で迎えた6回表は、5番・宗佑磨選手が相手先発・小川一平投手の初球を右翼席へ運び、2点差に詰め寄る。2点ビハインドのまま迎えた最終9回表は、3者凡退に倒れ、2対4で試合終了。

 オリックスは、中盤に打ち込まれた宮城投手が6回途中4失点の内容。宗選手がオープン戦初本塁打、福田選手はマルチ安打の活躍を見せるも、好機を生かせず5連敗を喫した。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます