2022.3.19SATベルーナドーム
埼玉西武

埼玉西武

VS

東京ヤクルト

東京ヤクルト

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
S
L

戦評/GAME RECAP

 3月19日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と東京ヤクルトのオープン戦は、6対5で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武の先発・隅田知一郎投手は、初回から得点圏に走者を背負いながらも、後続を打ち取り無失点に抑える。4回表に捕逸で1点を失ったものの、これ以上の失点は許さず4回4安打3奪三振3四球1失点(自責点0)の内容で降板した。

 打線は3回裏、岸潤一郎選手が出塁し、源田壮亮選手の犠打などで1死3塁の好機をつくると、鈴木将平選手が適時打を放ち先制に成功。さらに2死1、3塁の好機で山川穂高選手の適時打、続く森友哉選手の適時二塁打が生まれ、この回3点を奪う。

 4回裏にも2死3塁の場面から鈴木選手が2打席連続の適時打、ここまで2安打のオグレディ選手も適時二塁打を放って2点を追加し、相手先発・高橋奎二投手に対して11安打5得点を挙げた。

 しかし直後の5回表、この回から登板した田村伊知郎投手が無死満塁のピンチを招くと、村上宗隆選手の犠飛、オスナ選手の2点適時二塁打などで4点を失い、試合は振り出しに。6回以降は佐々木健投手、平井克典投手、大曲錬投手、増田達至投手がそれぞれ1イニングを無失点に抑え、5回以降無安打に沈んでいた打線の奮起を待つ。

 そして迎えた9回裏、2死から金子侑司選手、栗山巧選手が四球を選び1、2塁の好機を得る。ここで山川選手が木澤尚文投手の変化球をセンター前に弾き返し、2塁走者の金子選手が生還。6対5で埼玉西武がサヨナラ勝利を飾った。

 勝利した埼玉西武は新外国人のオグレディ選手、サヨナラ打の山川選手が猛打賞を記録。鈴木選手、森選手もマルチ安打を記録した。投手陣もドラフト1位ルーキー・隅田投手が4回を投げ1失点(自責点0)の好投。6回以降のリリーフ陣も無失点と好調ぶりをうかがわせた。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます