2022.3.19SATPayPayドーム
福岡ソフトバンク

福岡ソフトバンク

VS

広島

広島

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
C
H

戦評/GAME RECAP

 3月19日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと広島のオープン戦は、4対4の引き分けとなった。

 福岡ソフトバンク先発・東浜巨投手は3回表、2死から満塁のピンチを招くと、坂倉将吾選手に2点適時打を浴び、先制を許す。

 打線は4回裏、ドラフト4位ルーキー・野村勇選手が広島の先発・森下暢仁投手のカットボールをとらえ、オープン戦2号ソロを放つ。さらに1死満塁から内野ゴロの間に1点を挙げ同点とすると、8番・上林誠知選手に2点適時打が生まれ、4対2と勝ち越しに成功した。

 直後の5回表、東浜投手は西川龍馬選手にソロを被弾し、なおも2死2塁の場面で降板。続く嘉弥真新也投手が坂倉選手を内野ゴロに打ち取り、4対3と勝ち越しは許さなかった。

 しかし7回表、4番手・又吉克樹投手が内野ゴロの間に1点を失い、4対4の同点に追い付かれる。同点のまま迎えた9回裏は、広島のドラフト5位ルーキー・松本竜也投手から1、2塁の好機をつくるも、最後は高田知季選手が倒れ、試合終了。

 福岡ソフトバンクは、先発した東浜投手が5回途中77球7安打1四球2奪三振3失点。打線では、野村勇選手が本塁打でアピールに成功。「1打席目に見送って追い込まれて、後手後手になってしまったので、積極的にいこうと打席に入りました。カットボールを一発で仕留めることができて良かったです。この後もアピールしていきたいと思います」と振り返った。また、途中出場の松田宣浩選手が2本の二塁打を放ち、存在感を示した。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます