2022.3.18FRIPayPayドーム
福岡ソフトバンク

福岡ソフトバンク

VS

広島

広島

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
C
H

戦評/GAME RECAP

 3月18日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと広島のオープン戦は、5対1で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクは開幕投手内定の千賀滉大投手が先発。初回、遊撃を守る新外国人・ガルビス選手の好プレーにも助けられて3者凡退で立ち上がると、その後もテンポよく打ち取る投球で序盤3イニングを完璧に抑え込む。

 打線は3回裏、8番・甲斐拓也選手にチーム初安打となる右中間への二塁打が生まれると、続く9番・三森大貴選手の内角の変化球を捌いた打球はライトスタンドへ。「タイミングを合わせることだけを考えて打席に入りました。 本番モードになってきた試合で、先制点をとることができて良かったです」と、オープン戦2号2ランを放ち、先制に成功する。

 援護を受けた千賀投手だったが、4回表に西川龍馬選手に初安打となる二塁打を許すと、1死3塁とされたところから、小園海斗選手に適時打を浴び、1点を返されてしまう。しかし打線は直後の4回裏、グラシアル選手の二塁打などから2死満塁のチャンスをつくると、甲斐選手にセンターへの適時打が飛び出し、2点を追加する。

 千賀投手は5回表、6回表を無失点に抑えると、7回表には1死1、2塁の場面で2者連続三振を奪うなど要所を締め、この回限りで降板。8回表は藤井皓哉投手が古巣相手に連打で招いた1死1、2塁のピンチをしのぐと、直後の8回裏にはグラシアル選手が適時打を放ち、貴重な追加点を挙げた。4点差で迎えた9回表は又吉克樹投手が締めて、5対1で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発の千賀投手が7回90球6安打無四死球8奪三振1失点と好投し、開幕に向けて順調な調整ぶりを示した。また、2番手で登板した藤井投手も古巣相手に結果を残し、支配下昇格に大きく前進した。

 10安打5得点の打線では、グラシアル選手が3安打1打点の活躍。先制弾の三森選手、適時打を放った甲斐選手もそれぞれマルチ安打をマークした。また、「1番・遊撃手」で先発起用されたガルビス選手は第3打席にオープン戦初安打を記録した。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます