2022.3.18FRIバンテリンドーム
中日

中日

VS

東北楽天

東北楽天

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
E
D

戦評/GAME RECAP

 3月18日、バンテリンドームで行われた中日と東北楽天のオープン戦は、1対1で引き分けとなった。

 東北楽天の先発は2年ぶり7度目の開幕投手に任命されている則本昂大投手。2回裏に招いた2死2、3塁のピンチを無失点で切り抜けると、3回以降は直球と変化球のコンビネーションを武器に3イニング続けて3人で打ち取る投球を見せる。

 一方の東北楽天打線だったが、序盤から得点圏に走者を進めるも、再三のチャンスを生かせず、中日投手陣の前に得点が奪えない展開が続く。則本投手は6回裏に根尾昂選手、大島洋平選手の連打で無死1、3塁とされると、岡林勇希選手の併殺打の間に3塁走者の生還を許し、先制点を奪われた。

 則本投手は7回表2死1塁の場面で降板。後を受けた弓削隼人投手がこのイニングを締めると、8回裏は酒居知史投手が3者凡退の好リリーフを見せて、味方の援護を待つ。

 すると9回表、この回から登板した中日の7番手・田島慎二投手から、和田恋選手の二塁打と野選などで1死1、3塁のチャンスを得ると、山崎剛選手のスクイズで遂に同点に追い付く。なおも死球が重なり、2死1、2塁と好機は続いたが、小深田大翔選手が倒れて勝ち越しはならなかった。

 同点で迎えた9回裏は、西口直人投手が3番から始まる中日打線を3人で締めて、1対1で試合終了。先発の則本投手が6.2回86球5安打1四球2奪三振1失点、後を受けたリリーフ陣は無失点でつなぎ、引き分けにつなげた。打線では「8番・一塁手」で先発出場した和田選手が2安打と開幕スタメンに向けてアピールに成功した。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます