2022.3.18FRI東京ドーム
巨人

巨人

VS

千葉ロッテ

千葉ロッテ

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
M
G

戦評/GAME RECAP

 3月18日、東京ドームで行われた巨人と千葉ロッテのオープン戦は、5対7で千葉ロッテが敗れた。

 千葉ロッテは初回、2死から3番・中村奨吾選手のオープン戦2号ソロで先制に成功。2回表には、先頭の5番・レアード選手が相手先発・菅野智之投手の初球を捉える本塁打を放ち、1点を追加した。

 1点リードの4回表は、2死1、2塁から7番・平沢大河選手に適時打が生まれると、続く5回表に、2番・藤原恭大選手がオープン戦初本塁打を右翼席中段へたたき込み、点差を3点に広げる。

 先発の佐々木朗希投手は2回裏、2死1、3塁の場面で一塁へけん制するも、一塁手・山口航輝選手の捕球ミスの間に三塁走者が生還し、1点を失う。4対1で迎えた5回裏には、安打と2四球で2死満塁のピンチを招くと、4番・岡本和真選手に満塁弾を浴び、5回途中5安打1本塁打3四球8奪三振5失点(自責点4)で降板した。

 1点を追う打線は6回表、1死満塁の好機を得ると、8番・松川虎生選手の内野ゴロの間に1点を返し、同点に追い付く。しかし直後の6回裏、2番手・小沼健太投手がウィーラー選手に被弾。さらに7回裏には、3番手・国吉佑樹投手が1死1、3塁から暴投で1点を失った。

 5対7で迎えた最終9回表は、藤原選手が安打で出塁するも、後続が打ち取られて試合終了。千葉ロッテは、先発・佐々木朗投手が手痛い一発を浴び、5回途中5失点(自責点4)。打線では中村選手、レアード選手、藤原選手に本塁打が生まれたが、中盤に得た決定機を逃し、シーソーゲームを落とした。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます