2022.3.18FRI京セラD大阪
オリックス

オリックス

VS

阪神

阪神

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
T
B

戦評/GAME RECAP

 3月18日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと阪神のオープン戦は、2対3でオリックスが敗戦した。

 オリックス打線は2回裏、先頭のT-岡田選手が四球で出塁すると、宗佑磨選手が安打でつなぎ、阪神先発の藤浪晋太郎投手からチャンスをつくる。すると、1死2、3塁から若月健矢選手の内野ゴロの間に3塁走者が生還し、先制に成功した。

 オリックスの先発は山本由伸投手。初回、完璧な立ち上がりで3者凡退に抑えると、3回まで1人のランナーも許さない投球を見せる。しかし4回表、先頭の近本光司選手に初安打を許すと、2死1塁から4番・佐藤輝明選手の適時三塁打で同点に。6回表も続投したが、94球を記録したところで降板。5.2回5安打無四死球6奪三振1失点の内容で、開幕に向けて順調な調整ぶりを示した。

 打線は5回表、先頭の渡部遼人選手が敵失策で出塁すると、すかさず盗塁を決めて好機を演出。続く福田周平選手も内野安打と盗塁で無死2、3塁とチャンスを拡大し、後藤駿太選手の犠飛で勝ち越しに成功した。

 しかし7回表、3番手・比嘉幹貴投手がつかまった。先頭の糸井嘉男選手に安打を許すと、1死2塁から、梅野隆太郎選手と中野拓夢選手に連続適時三塁打を浴び、2対3と逆転された。

 打線は6回以降得点を奪えずそのまま試合終了。山本投手をはじめとした投手陣はまずまずの仕上がり。打撃は機動力を使った攻撃を展開したが、好機であと一本が出なかった。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます