2022.3.18FRI札幌ドーム
北海道日本ハム

北海道日本ハム

VS

横浜DeNA

横浜DeNA

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
DB
F

戦評/GAME RECAP

 3月18日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと横浜DeNAのオープン戦は、1対6で北海道日本ハムが敗戦した。

 北海道日本ハムの先発・伊藤大海投手は初回、2死1、3塁のピンチから、5番・宮崎敏郎選手の適時打で1点を失うと、3回表には、2死2塁から4番・牧秀悟選手に適時打を浴びる。続く4回表には、味方の失策とスクイズにより2点を失うも、5回表以降は無失点で切り抜け、6回10安打1四球5奪三振4失点(自責点2)の内容でマウンドを降りた。

 4点を追う打線は6回裏、松本剛選手と宇佐見真吾選手の連打で得た無死1、3塁のチャンスから、6番・ヌニエス選手に犠飛が生まれ、1点を返す。ところが直後の7回表、2番手・吉田輝星投手が桑原将志選手に一発を浴びると、8回表には、3番手・ロドリゲス投手が2死2塁から戸柱恭孝選手の適時打で1点を失い、スコアは1対6に。

 5点ビハインドの9回裏は、三嶋一輝投手を前に3者凡退に倒れ、1対6で試合終了。北海道日本ハムは、オープン戦初先発となった伊藤投手が6回4失点(自責点2)。スタメンマスクをかぶった宇佐見真吾選手は、2つの盗塁刺と2安打をマークする活躍ぶりを見せたものの、打線がつながりを欠き、チームは4連敗を喫した。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます